スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Skype英会話ではSIDE by SIDEを使っています

 いまSkypeで教えていただいてるフィリピン人のM先生、とってもいい方です。

 前にもかきましたが月、水、金の週三回で教えていただいておりますがほんとうに楽しい…。一回あたり195円(25分)でやっているので、1ヶ月で2340円(+ペイパルの使用料)なので、3000円以内で結構楽しく話せています。
 以前はラングリッチで「発音」を主にやっていたのだけれども、文法っぽいことをちょっとやりたかったので、M先生には「side by side」というテキストを使って基礎的な事を教えていただいております。




 詳しくはAmazonのレビューをご覧頂くといいのですが、だいたい中学の文法の内容が網羅されています。
オンライン英会話で推奨テキストになってる場合も多いようです。
 私が気に入っているのは

1絵がおおいこと
2難しい単語が殆どないこと
3場面などが実用的であること
4CDが付いていること

の4点です。

いま一冊目の青のテキストが終わり、赤いテキストに入りました。1unitはだいたい8ページから10ページぐらいで構成されています。
M先生の授業は25分ですので、(1回あたりのテキストの難易度やその日の雑談の量にもよりますが)1回で1ユニットが終わると言った感じ。

【Skype英会話 Side by side 私のレッスンの場合】

10:30~レッスン開始 先生と雑談、あいさつ
10:33~テキスト開き、ユニットの1ページ目の単語を読む(発音の変なところは先生にチェックされる)



10:34~Talk about it! 部分で会話練習をする。絵を見ながら先生とロールプレイ
   この日は食べ物などがテーマ。
   可算名詞と不可算名詞を使い分けつつ、isで受ける場合、areで受ける場合の練習。
幾つか場面が設定されている。

   日常会話の中で可算名詞や不可算名詞を受けて単数や複数できちんと言えるか。
   買い物だったり、レストランでのオーダーであったりと色んな場面が用意されています

   How to say it!という場面では、場面ごとに「こんな風に言うといいよ!」という練習も。


10:42~ Reading テーマに沿った短い文章を読み、質問に答える
    On your own 自分の場合はどうかな?って感じで自分で説明してみる


10:50~Pronunciation 発音で注意したいところを読んでみる
    Chapter summary きょうの復習

10:55~レッスン終了


【自習】
レッスン後、習った部分を数回音読
CDはすべてのスキットは入っていないけれど、該当部分を音声で聞く・・・と言った感じ。

絵が多いのでぱっと見、内容自体は単純ですが、実際に話そうとしてみるとかなり間違います…(苦笑)
でも実用的なので使ってみたくなるというか…。なんというか親しみやすくていい感じ。

 2007年に書いた亜米利加滞在日記でも触れましたがアメリカには、ボランティアで英語を教えてくれる人たちが居ます。この家庭教師のことを、「チューター」と呼びます。
地元の図書館やチューターを探してくださいという申請し、図書館の方がボランティアで教えてくれる人が見つかったら紹介してくれるという仕組みです。こうしたチューターの人たちはすごく一生懸命で、本当に尊敬します。
 公共の図書館にはレッスン専用の部屋があって、先生1人に対して色んな国の生徒が10人くらい居て会話を勉強します。自分のが受けたレッスンのなかには、韓国の人、中国の人、エジプトの人、ロシアの人、南米の人・・・本当にあちこちから色んな人が来ていました。

 そういえばそのときに使っていたテキストもSIDE by SIDEだった!(今思い出したけど)。あと、チラシに付いてくるクーポンとか、求人のチラシなんかのコピーでも勉強したなあ…。
実用的なのもあって、いろんなところで使われているんだなって改めて思いました。




うーん・・・なんかいろいろ思い出してしんみりしてきた…。。
 
スポンサーサイト

やっぱりたのしいSkype英会話

 個人チューターの先生(以下M先生)のスカイプレッスンが楽しい。

 毎日受けてた方がもちろん良いんだろうけれど、週3回のゆるゆる授業なので、あんまりアワアワせずに臨めるのが良いです。
毎日25分ずつレッスンを受けていたときは、月謝分の元を取らなきゃー!と頑張って受けてはいたけどスキな先生の時間帯がバラバラだったため、受講する時間がまちまちで生活のリズムが付けづらかった。いまは落ち着いて準備出来るので気持ちとしては楽になった気がします。

 いろんな教室があるので相性はあると思うけど、スカイプレッスンはたのしい~。

 M先生は自宅でやっているのですが、ラングリッチのときと違う臨場感が面白い…。

 たとえば、スゴイ沢山の鳥の鳴き声がしたり、それにつられて犬も吠えていたり。
 パトカーのサイレンの音だのトラックが走るゴーッとした音だのがあって、
あ~~っ、外国っぽいー!!!って思う。

 結構音声が切れたり、回線が切れたりするけれど、それも含めて楽しんでいます。

 フィリピン系の英会話を受けるときに、訛があるからイヤとか、回線が切れるからイヤっていう話も時々聞くけども、(世界規模で考えれば)いわゆる訛のないキレイな英語を話す人たちだけじゃないし、音がうるさくて聞こえづらかったら「いま何て言ったの?もっかい言って!!」って言えば良いと思うのよ…。別に英語に限らず、コミュニケーションなんだからさ…。
 だからあんまりガチガチに勉強!っていうより、外国の人との会話を楽しむことに集中したほうが良いと思う。(たとえ文法がダメダメだったとしても。言葉のルールに関してはテキスト買って、自分で勉強すればいいんだもの)
 
 
私なんか万年引きこもり生活だからさ…

人とお話できるだけでちょー嬉しいわけよ。

「(いつもひとりぼっちだから)誰かとお話するのってたのしい!」
   ↓
「英語で話すの緊張するけどちょっと通じた!」
   ↓
「うれしい!よーし頑張るぞー」
   ↓
「頑張ったら先生が褒めてくれた」
   ↓
「ひゃっは~」
   ↓
「明日のレッスンのネタを考えてみよう」
   ↓
「反応よし!じゃあお家でも勉強しちゃおうかな」
   ↓
(本読んだり、ニュース見たり、ドラマ見たり…)
   ↓
結果
生活が楽しくなり、前向きに…
話題が豊富になり、魅力的な人に…なるかもしれない!!!


かもしれない…
かもしれない…



 実は最近Twitterにてちょこっとスカイプ英会話の事をツイートしてたら「私も英会話をやってみたいんですよね~」というかたからをメンションを頂きました。たまたま時間があったのもあって、あれよあれよとM先生を紹介する事に!彼女とM先生との相性はまだどうなるかは分からないけれど、ちょっとした縁で新しい風が吹いてくるかもしれないし。彼女にとって楽しい経験になれば良いなあと思っています。


Twitterは140文字の言葉の世界だし、
タイムラインは一瞬で流れてしまうし、
気に留めなければただ過ぎてしまうだけの人間関係だけれど、
どんな場所からも楽しい交流が生まれるんだよなー、なんてことを信じているわたしです。
メンションを下さる人が、もしかしたら一生の友(?)になるかもしれないし、
私のしょうもないツイートで興味を持ってくださったりするひとも居るかもしれない。

実際私も、Twitterのおかげで語学を学ぶ人たちと知り合う事ができて、結構人生変わるかも!と思う瞬間があります。
語学って試験の点数良くするためにやるんでなくて、学びながらいろんな知識をつけたり、ひとと関わりを持つコトなんじゃないのかなー。
英語って学ぶもんでなく、使うものなんだもの。だから生活が楽しくならなかったら面白くない。

今回のメンションのおかげで、彼女のあらたなチャレンジを共有出来たこと、とても嬉しく思います。
ステキな世界の窓が開かれる瞬間に立ち会う感じ。


あたらしいことをするのってワクワクしますよね!
ワクワクっていいな。

アクセス解析とかその後の英語学習とか。

 ブログをしばらく放置していたのだけど、意外にも一日50人くらいの方が見にきてくださっているようでちょっとびっくりした…。
わざわざ読んでくださるのに更新してないなんてわああああ。
すみません。ちゃんと更新しますあああ。

そんなダメダメな私ですが、

 最近の私の英語学習の状況をすこし。
2012年は会話を頑張るぞー!といいつつ、実はラングリッチは秋に退会しました。

 運良く相性のいい先生に出会えたのだけれど、残念ながらその先生が退職してしまい以降新しいレギュラーの先生を探せず。受けたい先生の時間も朝だったり夜だったりと時間の調整がつかないのがしんどくなってきました。
英会話自体が慣れていないので色んな人と話す良さっていうのも分かるのだけれど、体調的にも夏バテしちゃったり、片付け祭りに夢中になったりして、なんとなく毎日レッスンをうけるのがしんどくなってしまいました。
 どうしようかと悩んだ結果、ラングリッチは10月で退会。その後はがっつり片付けを終わらせるため2ヶ月お休みし、1月からは個人的に紹介されたフィリピン人の個人チューターの方にお願いしてレッスンをしてもらうことに。

いまは10:00~10:30の固定の時間で、月、水、金の週三回でお願いしています。回数は増やせるので適宜調整しながら最終的に週4〜5回受けられれば理想かなあと思っています。とはいえ(心の中では)半年近くサボりまくっていたので、ほんとうにイチからやり直し…。トホホな感じではありますが、まあなんとか頑張って行きたいと思います。
週三回なので、トータルとしてはラングリッチよりは安くなるのでお財布にもちょっとだけ優しいのでありがたいです。

んで使っているテキストはコレ。
スピーキングに関しては、とにかく簡単なものからやったほうがいいな〜、と自分で思ったので、中学の文法レベルのものから再スタートです。楽しくやっています。がんばるじょ〜




langrich1ヶ月め(Evernote & callnote)

スカイプ英会話のラングリッチ始めてから1ヶ月が経ちました。

 実は1日私のミスで受講できなかった日があったのですが、基本的に毎日続いております。

1ヶ月やってみての感想は「続けやすい」。私のように在宅で仕事をしている場合には家事の合間にに受講できるので主婦の方などには人気なのだろうなあと思います。

 続いているものの、「本当に私の英語は通じているのか?」「相手の会話を聞き取れていたのか?」という点では、チェックが必要だと思います。フリートークに関しては(25分の時間では短すぎるので)先生は積極的にセンテンスの訂正はしてくれないことが多いです。受講者に喋らせるということにウエイトを置いているのだと思います。会話としてはそれでいいとは思うのだけれど、向上するにはどこかの段階で自己診断はしないといけないなあと思い、Evernoteに会話の様子を記録することにしました。


[callnoteをインストールし、Evernoteにフォルダを作っておく]
callnoteをインストールし、各設定を行います。Evernote側にフォルダを作っておけばそこで一括で管理できます。


[Skypeの会話をcallnoteで録音する]
callnoteはスカイプの会話が始めると自動録音してくれる機能があります。先生との会話を録音していきます。
とりあえず約30分、頑張って会話します。

ラングリッチ(Langrich)をはじめました

 4月からオンライン英会話をはじめました。
 Twitterで出会った人々のなかにはちょっとしたゲーム的なチャレンジを楽しむ人たちが居るんですが、#0550AMというハッシュタグに集うみなさんとなんとなく絡んでいるうちにすっかり早起きが定着してしまいました…(時々寝坊するけど)。

 このごろは5時か遅くとも6時には目が覚めるように…。おかげで夫の弁当を作る時間もできたし、いいこと尽くめです!恐るべしTwitter。
 そのなかの人たちの呟きを見ていると「#ラングリッチ で ○○ 先生のレッスンを受講中 #オンライン英会話 langrich.com」とか、「#ラングリッチ ○ 回目のレッスン中。累計学習時間は約○○時間。 #オンライン英会話 langrich.com」という呟きが…。
なんだべ?ラングリッチって…とおもってみたら、オンライン英会話のスクールなんですね。ふむふむ。
 今年の3月にNPOのお仕事が任期切れとなったので、4月から在宅でデザイン系のアルバイトをしているのだけど一日引きこもり仕事ということもあって誰かとおしゃべりする時間が持てたら楽しいかも~、と思っていたところだったので、無料レッスンを受けてみました。

 本当はいくつかオンラインスクールをお試しして比較しようかと思ったのだけれど、Twitter仲間で主婦の方の意見を参考にお試しの後すぐ入会しちゃいました(笑)

(ラングリッチページより)

 英語のみによるレッスン
 無料通話ソフト Skype を利用
 定額制・月額4980円から
 1日1回 のレッスンが受講可能
 1回のレッスンは25分間
 好きな時間に好きな講師を選んで予約可能
 全講師がビデオレッスン


 とあります。
 今の在宅の仕事は不定期なのだけれど、主に午後から作業をすることにしています。午前中は家事をしつつ、空いた時間で授業が取れるというのは嬉しいし、一ヶ月5000円以下というのは(バイト代から捻出できる)悪くないお値段であります。
 会話のレッスンに関しては、どんどん間違って恥ずかしい思いをしたい派なので、沈黙はあんまり怖くないし緊張もしません。できないならできないなりに教えてもらえるはずなので…。先生は若い方が多いですが、今のところ楽しくやっています。個人的には楽しいですが、回線が切れたりして音が悪くて聞き取れないときもあります。でもまあ、聞き取れなくても、もう一回言ってくださいますか?とかいう練習になると思うので、まあそれはそれでいいのかなーという感じです。なにより、孤独な引きこもり生活なので、誰かと喋る機会があるのは嬉しい。
 今のところ、毎日25分のレッスンは一度も休まずやっています。(今日の時点で8.5時間)毎日続ければ、30日で12.5時間、365日で152時間という計算になります(ただし、フィリピンでの国民の休日のときなどはレッスンはお休みとなるみたいです)。

 
(会話の機会が増えると、日常のことを説明しようと言う気持ちになって、暮らしがちょっと楽しくなる気がする…??)

 
 ただですね、(まだ1ヶ月も経ってないからエラソーなことは言えないけれど)こうした会話の練習は「復習」がキモになりそうだと思いました。話す機会を得ることによって話すための度胸もつくだろうし、苦手意識もだいぶ軽減されるだろうと思いますが、【中身のある話】をしようと思うのであれば、自学の部分で補う必要はありそう。レッスンの後には、今日うまく表現できなかった部分の言い方をチェックする、ネタ帳をつくるなど(ネタ帳については後日書きます)25分を活用できるようにしたいです。すこし慣れてきたら自分の話した内容などを録音するなどして発話内容をチェックした方がいいかもしれない…
 というのが半月経っての感想でした~~。またレビューします。

 

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。