スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地道に速読レッスン8-11日め

速読レッスン8日目~11日目のようす(忙しかったので纏めて記載)

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本」 浅見ベートーベン (著)



8日目「読む環境を調える」の巻。

課題テキストは430word
1回目一分あたりの307語のスピードでした。(1分24秒)正答数は8/10 

9日目「視野を広げる」の巻。
課題テキストは604word
1回目一分あたりの152語のスピードでした。(3分58秒)正答数は8/10 


10日目「視点を早く移動する」の巻。
課題テキストは431word
1回目一分あたりの235語のスピードでした。(3分58秒)正答数は8/10 


11日目「ストーリー展開を予想する」の巻。
課題テキストは400word
1回目一分あたりの142語のスピードでした。(2分49秒)正答数は8/10 


こうして見るとやってみる方法によっての早さにばらつきがあります。向き不向きみたいなのがハッキリ出るみたいです。興味深いわ





スポンサーサイト

地味に速読レッスン7日め

速読レッスン7日目

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本」 浅見ベートーベン (著)


きょうは「分の展開を予想するキーワード」の巻。
11のキーワード(例示 類似 言い換え 転換 仮定 列挙 追加 対比 同意 逆説 結果)を知り、文の展開を予想しようという練習

課題テキストは425word
1回目一分あたりの134語のスピードでした。(3分09秒)正答数は55 

なかなか面白かったけど、やっぱり文法は良くわかってないことが判明。

地味に速読レッスン6日め

速読レッスン6日目

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本」 浅見ベートーベン (著)


きょうは「分の構造を正確に把握する」の巻。
最初に文法チェックがあり、文法上で間違いやすい部分を確認。その後にミニテストをしました。

課題テキストは214word
1回目一分あたりの189語のスピードでした。(1分08秒)正答数は4/5 


やはり、文法のあたりは自信の無いところも多く、挿入句なんかで混乱してるっぽいことが分かりました。
復習のツボも見えてきた感じ。うーん、このテキストはアタリだったなあ・・・

地味に多読レッスン5日め

速読レッスン5日目

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本」 浅見ベートーベン (著)


きょうは「指を使って読むペースを決める」の巻。
写真のように指を置いて、したにずらすようにして読んでいく…。確かに早い…。

課題テキストは560word
1回目一分あたりの183語のスピードでした。(3分04秒)正答数は9/10 

最初の日は140word前後だったのが急に読む速度が上がった…。ちょっとびっくり。

地味に速読レッスン 4日め 

速読レッスン4日目

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本」 浅見ベートーベン (著)


きょうは「逐語読みの癖を直す」の巻。
うおおお! 指で追うようにして読むと早い!

 

課題テキストは362word
1回目一分あたりの168語のスピードでした。(2分09秒)正答数は10/10 

うほー!ちょっと早く正確に読めてきている気がする…やったね♡
なんというか易しめの教材をガンガンやって、自信をつけるって言うのはいいような気がするわ…。

でへへ…明日も頑張るぞ!


地味に速読レッスン 3日め 

昨日から始めた速読3日めが終わりました。

今日は返し読みを避ける為にテキストを隠して読むと言う課題。3回読む必要は無かったのだけど、昨日に習って3回読んでみました。

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本」 浅見ベートーベン (著)
 

課題テキストは301word
1回目一分あたりの146語のスピードでした。(2分03秒)正答数は7/10 
2回目一分あたりの200語のスピードでした。(1分30秒)
3回目一分あたりの291語のスピードでした。(1分02秒) 

このドリル、楽しい…つづけやすい…

あしたもがんばるぞ!

地味に速読レッスン 2日め 

昨日から始めた速読2日めが終わりました。

今日はテキストを3回読むという課題。

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本」 浅見ベートーベン (著)
 

課題テキストは386word
1回目一分あたりの140語のスピードでした。(2分46秒)正答数は7/10 
1回目一分あたりの163語のスピードでした。(2分22秒)
1回目一分あたりの234語のスピードでした。(1分39秒) 



やはり普段音読で慣れているせいか、声は出さないまでも「音」が頭で鳴っている感じ。「目で文字を追う」っていうのは意外と慣れないと難しいんだなってことが分かりました。


この本は「TOEIC TEST400点台から」と唱っていることもあって、テキストは易し目ですが、私にとっては丁度良く、取り組みやすい内容でした。

テキスト自体も比較的親しみやすく、あとで音読しても良さそうな感じです。学習法としては音読と速読は両立しないみたいなので、音声教材は付いてないけども、表現などについては声でも練習しいきたいです。

9月の課題は速読

ヴァーチャル夏休みの企画が終わったので、キモチ新たに茅ヶ崎4000チェックリストをつづけつつ…


(こちらは単語チェック&意味調べを継続↑)


新しく9月のテキストを買ってみました。

「はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本」 浅見ベートーベン (著)

これを1日1ユニットずつやることにします。





こんな感じで速読のこつと、300ワード程度のテキストが載ってるので、テキストを読んで、後ろにある問題を解く。一日目は308word わたしは一分あたりの165語のスピードでした。正答数は9/10 やったね!




巻末に表があって理解度と速さをグラフにするようになっています。可視化するとすこしやる気が出るかも。


 


これは以前やってたTimed Readings Plus in Mathematicsに似ているつくりです。1unitあたりが凡そ300wordとなっていて、自分の読む速度を計れるようになっています。私はTOEICで時間が余ったためしが無いくらい読むのが遅いので…早く読めるようになるといいなと思っています。



Timed Readings Plus in Mathematics これは小学生~中学生くらいのテキストですが、なかなか良いです。
もういっかいチャレンジしてみようかな。

イギリスの金魚の雑誌を読んでみる

 私の趣味の一つに「金魚の飼育」があります。

金魚かわいいよ金魚。ホント天使だよ金魚。

 最近Twitterのフォロワーさんにこんな雑誌があるから読んでみ、と紹介されたのがコレ
goldfish magazineという雑誌です。

これはウェブ版が無料でダウンロードできるというので、ダウンロードしてiPadで読めるようにしてみました。
うひょー!まるまる1冊金魚じゃないですか!!やったね!


内容はこんな感じ。(いきなりウンコな写真ですが、他にもかわゆい写真がいっぱい)

ざっし


金魚のウンコについてアツく語ってていい…じわじわくる…。
iPadで読むのは綺麗ですが、Kindleだと辞書が使えるので、読む時には主にKindleを使っています。そのうち絵画の技法書などをPDF化してKindleに持ち歩けたりとかできたらいいな~~~。


ちなみに、ウチの金魚はコイツらでございます。えへっ。

子供用の教科書を読む



 最近ダラダラ読み始めたのが「子供用のアメリカ史の副教材」です。
この本は2007年当初、スパルタ夫からお薦めされていた本だったのですが、リーディングから逃げて逃げて今迄来てやっと最近手に取ってみようかなーと思ったもの。

読んでみようと思った理由は

1 小学校4年生から6年生を対象としているので基本的に辞書なしで読めそうだと言うこと。
2 アメリカの歴史は短いので、ボリュームとしてツラくないんじゃないかという期待があること。
3 アメリカの地域についてあまりよく知らないので、これを機会に勉強してみようかと思ったこと。

の3点です。

私はあまり読むのが早くないので、のんびりリーディングになりそうですが、気長に楽しんでみたいと思います。
テキストの中身はこんな感じ。


図版やイラストが多いので、文字に圧倒されずに済みそうです。
ウフフ、楽しみ。

ええっ!大丈夫?

True Stories in the News: A Beginning Reader (3rd Edition)

Pearson ESL

このアイテムの詳細を見る


 

 リーディング用教材。
 実際にあったお話が集められていますが、比較的初級者向けなので読みやすい。

 企業が配った試供品の液体石鹸(ママレモンみたいなやつで、ホンモノのレモン果汁が入っている洗剤。ラベルにレモンの絵が描いている)を受け取った消費者が液体洗剤をサラダにかけたり、魚にかけたり、紅茶にいれたりして、腹痛を起こしてしまった話、高齢のお婆さんが走っているのを見た目撃者が、養老院から逃げ出したと勘違いして通報。事情を聞くとそのお婆さんは、94歳にして「週に2回、健康の為にランニングしているのよ」とのこと。なんと丈夫な足腰であろう、といったオチ。

しょーもない話から感動系の話まで、おもしろ可笑しく22ユニット掲載されている。

プププっ、と笑いながら楽しめる問題集です。

自分用に買ってもいいかも。

児童書はいいぞ

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)
ルース・スタイルス・ガネット
福音館書店

このアイテムの詳細を見る


「エルマーのぼうけん」「エルマーとりゅう」「エルマーと16匹のりゅう」という童話、小さい頃に目にした人もおられるのではないかと思います。
 先日たまたま図書館で洋書版を見つけたんだけど、三部作シリーズが1冊になっている下記の本とCDが安いという事が判明。おお、これはオトクだ!ハードカバーで重いけど、絵が可愛いので許す。購入後、しばらくほおってたのだけど、一昨日の花火のバス中と、昨日岩盤浴の休憩室で読み終わった。
エルマーはなかなか勇敢で、賢い子どもだけど、動物たちが上手ーく引っかかるのがおかしい。多読、真面目にやってるわけじゃないけど、簡単なのから読むとそれなりに面白い。子ども向けの本とバカにせずに、せっせと読みやすそうな本から読むのがよさそう。
 分かんない単語が結構あるので読み飛ばしたけど、子どもが普通に分かる単語だろうから、チマチマと身につけたほうが良い語彙なんだろうな。
Three Tales of My Father's Dragon

Random House Books for Young Readers

このアイテムの詳細を見る


Three Tales of My Father's Dragon

Listening Library (Audio)

このアイテムの詳細を見る
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。