スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad miniを買いました

 iPadがそろそろ厳しくなったのでminiを購入。
Duo3.0が暗記できるQuizletがなかなか便利です。




それにしてもDuoもだんだんボロくなってきたな…。(苦笑)
スポンサーサイト

Grammar in use test intermediate for iPhone バグかな?

 勉強に飽きたとき、とかちょっとゴロゴロしたいときに寝転びながらGrammar in use testのアプリをやっています。
このアプリなんですが先日書いたように「解説無し」。
Hintボタンもついていますが、押しても三択が二択になるだけのヒントです。

私は文法マスターからはほど遠いのでしょっちゅう間違えます。さびしい・・・。少しずつ前よりはマシになってきた気がします。

 このアプリの「レベル」は全部で30まであるみたいなんですが、出題はまるっきりランダムで、レベル1にも、レベル7にもおんなじ問題が出ます。
問題数は1700あるそうなので、そこからランダムにばしばし出題されている感じなんでしょうかね?(まだレベル7までしか行っていないので分かりません)


 だからぜんぜん進まない(笑)サッパリさくさく進まない!!んもーっ!

 解説が無いのでチェックするだけにしか使えないのでまあいいんですが、(私はEvernoteにまとめる事にしたものの)弱点部分が外観できないのはちょっとめんどくさいですね…。

 最近頭にくるのは「問題が当たっても」レベルダウンしてしまう事です…。プログラムのバグなのかもしれないのですが、やった、当たった!と思って喜んだらレベルダウンかよっとなってイライラします…。
 文法力がついてくればサクサク行けるんでしょうけど、ハズレがおおいのでちょっとガッカリです。
 目的はできるようになることなのだし、レベルは出題に関係ないみたいなので問題数をこなすという点では同じなのでレベルが下がってもあまり気にしなければいいんですが、ゲーム性があるところが憎い…。

レベルが下がるとムキになってやってしまう

落ち着いた気持ちでやらないために、正解を外す。

またレベルを下げてしまう・・・。

だめじゃーん!!

 
でも実はこのアプリを買ったのは1年ちかく前なんですが、去年初級版は終えたんですけど、買った当初は中級版はまったく歯が立たない、って感じでした。
 初級版アプリを終えてから、テキスト版の北米中級版のGrammar in useを始めたのですが、やっぱりテキスト版やってからのほうが解ける(当たり前か)。

レベルダウンにはイライラし通しですが、Evernoteに保存して復習し、できない問題を潰していけば、いつか不正解が正解になるはず・・・と信じてやっています(涙)。でもやり過ぎはダメですね。長くても一日1レベル分って所でしょうか。問題を解くのは面白いので力試しと割り切って使うのが吉かも。





・・・・・・・・・・・・・・・・
Grammar in use test intermediate アプリに興味がある方へ…参考になるかもしれませんので使用感など書いてみますね。

☆解説は全くないので、アプリとしてはいまいちです。いちおう解答の分析はしてくれますが、文法項目の弱い分野の分析自体は自分でやらないといけないので、「長くかかる」と思ってのんびり取り組むのがお勧め。
☆TOEICのパート5対策としてはいいかもしれませんが、使われる語彙は生活語彙が多く、ビジネス用語などはほとんど出てきません(今のところ)。
☆問題文そのものは日常で使われそうな場面がイメージできるものが多いです。素直な文章が多いので会話の例文としてはよさそう(とはいえ、その文章はピクチャクリップすることでしか拾うしかないんですが…涙)
☆Grammar in useのテキストをやってみて好きだーっ、と思った場合はいいかもしれませんが、そうでない場合はアプリの仕様に頭に来てやらなくなってしまうかもしれません…。私は個人的にGrammar in useが楽しかったので、ゲームとしてアプリをやっているのですが450円、っていわれると、うーん。。。もうちょっとなんとかしてよね!って思うのが正直なところです。逆に「素っ気ない感じ」が好きな人にはたまらんアプリとなるとおもいます。





 

Grammar in use test for iPhoneのアプリを使い倒す

 連休中はおうちでアルバイトと、ドリルをやっています。4月に東京に遊びにいっちゃったし、車の税金も払っちゃったので、地味なゴールデンウイークです。


きょうはしつこくGrammar in useの記事を書きます。

Grammar in use test(中級)は現在450円。むかし600円もしたのに・・・。ううう。
去年test版を買って以来ときどき地味に続けていたのですが一ヶ月前にテキストの方を終えたので、時間があるときに振り返っています。きょうはこのアプリを使って感じた点などを書きたいと思います。


(スペックはこんな感じ)
Description
GOT GOOD GRAMMAR? Find out the fun way with our intermediate tests for learners of English. Eliminate mistakes and build your confidence! Keep improving your score in spare moments. Can you reach the top level?

ENGLISH GRAMMAR IN USE
Based on the world’s best-selling grammar book by Raymond Murphy, relied on by millions across the world.

1,700+ QUESTIONS
A fresh challenge every time, or pick one of 16 grammar areas for focused practice.

PROGRESS TRACKING
Results and statistics keep you informed as you improve.

HIGH SCORE!
Earn bonuses. Gain levels. Stay motivated!

_______________________________

私が感じた使用感
 
(良い点)
問題数が多い
とにかくたくさん問題に取り組める
シンプルな問題だけれども、いい問題が多い(合計1700問あるそうです)

(悪い点)
解説が載っていない
すぐに次の問題にうつってしまうため、自分のミスを振り返るのが難しい
問題量が多いため、なかなかレベルが進まない
ときどき操作にバグがあるため、問題をクリアしてもレベルダウンしてしまうことがあり凹む。


・・・と言った感じでしょうか。
 テキスト版Grammar in useに取り組んでおられる方には特にお勧めです!(もちろん力試しとして使うのも良いかと思いますが)
とはいえ実際やってみて「解説が無い」というのはやはり致命的です。そこで、無理矢理ですが間違えた問題はスクリーンショットで撮影し、Evernoteに画像として保存、適宜解説をメモするという方法をとる事にしました。
(※ あくまでも自分のメモであって文法用語などは間違っている場合があります。念のため)

全部やるには大変だけれどまずはiPhone上でスクリーンショットさえ取っておいて、Evernoteに保存、その後時間があるときに誤解答の確認をするだけでも勉強になる気がします。

スクリーンショット 2012-05-07 15.54.15






実際やってみると最初は頑張って解いても、level1-2を行ったり来たりだったのですが、この方法を使うようにしたら、一気にlevel6まで進む事ができました~。やったねー。やっぱり確認というのは大事なのだと思いました。

Evernoteすばらしいなあ。
 Evernoteには検索機能があるので、例えば、enoughの用法で間違った箇所などを検索で引く事ができます。

スクリーンショット 2012-05-04 15.22.57

問題を解きながら重複して間違った部分を確認しやすくなるのは嬉しい機能ですね。面倒ではありますが、一つ一つ理解できていない部分を潰すという点ではいいと思いました。

MacBook Air11インチでは、Grammar in useのアプリが見えない

先日も書いたとおり、Grammar in use ユニット終了記念にMacBook Airを買いました。 やっほう。

先週届いたのは良いのだが、MacBook Air、結構癖があって(わたしにとっては)非常に使いづらい。
まず最初におなじみの「MacintoshHD」のアイコンが見えない。なんだそれは!!







そしてデータを移行するときも階層がぜんぜんわからず、「アレは何処にあったんじゃ?!」と戸惑うこと多数。

結局、lionを再インストールしてしまう羽目にorz。
でも我がtwitterのみなさんの協力のおかげでなんとか設定も完了。iwork(Microsoftのword excel powerpointみたいなやつ) iLife(写真編集とかムービー編集ができるやつ。GarageBandとiWebは使わないから抜いた)を入れ、あとは、iTunesのみの移行にしました。Photoshopなどの画像処理関係はどう考えても容量が足りんのでデスクトップでやります。

MacBook Airは、Webブラウザとして使う!そしてGrammar in useの付属のCDをやる(過去記事はこちら)!!


…と思ったんだけどさ…


画面が横長過ぎて解答をするときに押さねばならない下のボタンが表示されない

t
いやーん!!!

なんでよ~~~~~!!!!


いろいろ試すもダメ。

ロックかかっててムリ。


ちくしょう!
出来ないじゃないか。(問題は解いても答えがチェック出来なきゃしょうがないじゃんよー)バカバカ。
11インチにしなきゃ良かったか~~~。


通常に表示できる方法ををこれから研究します…。

Grammar in use とMacbook air

先週、Grammar in useの最後のユニットが終わった。なんか勢いでご褒美を買ってみたくなった。

いま職場で無理やり使っているibookG4。これは8年前に買ったものなんだけど、キーボードが取れ、白い色も黄ばんで来た....
そして、電源アダプタが壊れ(すでに2本使って壊した)友人から貸してもらっている状態。Safariを立ち上げても落ちまくる…。


ibookG4! 君を買い換える時が来たな!!!



ってなわけで電器屋へ。

今回のMacBook Airの使い道は主に、ネット検索、テキスト入力などの軽作業、英語学習、iPhone、iPadの同期、icloudを使う、というのが目的。
スペックを考えるとMacBook Proがいいのは間違いないけれど、画像処理は、デスクトップがあるし、MacBook Airの11インチ128GBに決定。いやー、昔に比べると安くなったよな~、Macよ。



ヤ◯ダ電機ではポイント18パーセントもポイントがついたので、ポイント17964 円、実質価格81836円でゲット!!

…と思ったら一週間待ち。
きょうこっちも衝動買いした。(Amazonでだけど…)



あした届くらしいよっ。わくわく。
楽しみすぎる。
待っとるぞ、MacBook Air!

マインドマップで単語を覚える

去年くらいから単語を少しずつ真面目にやるようになって来て、単語がわかると読める内容が変わってくるんだなーということに気づいた私です。(当たり前じゃ)

勤務を始めてから手書き単語帳制作も滞っております…。
3月までは職場にいる時間が長いので、制作系単語帳はお休み。いまは市販の単語帳をなんとなく数冊使ってて、どれも「やったどー!」って感じがイマイチ無いんだよね…。
とはいえいい感じに使い込んだ感じになってきましたよ。

1 毎日の通勤時に「キクタン」または「Duo 3.0」
2 お風呂で「速読英単語 必修編」
3 週に一度土曜日か日曜日に「Focus on vocabulary」を1ユニット分

文章で出てきた単語帳はこまめに辞書引いてはいえるけど、あんまり定着した感じでもないな~。でも今は忙しいし、あんまり無理しない。とりあえずGrammar in useを先に終わらせるのが優先さ!

とはいえ、単語がわかるとイイぞ!という実感はあるので、無理ないところでできそうな方法を探っていたところ、iPadのよさげなアプリを見つけました。headspace立体っぽいマインドマップが書けます!

先日宣言したとおり、アルクの昔の講座の2週目をやりなおしているのですが、 ここで出てきた単語を使わない手はない。
ユニットのテーマが「ドライブ」とか「買い物」とかはっきりしているので関連の単語や表現をマインドマップ風に記録してみようと思いました。(いわゆる正式なマインドマップじゃないけど)

例えば「ドライブ」に関わる単語だと、車の種類とか、道路標識とか、ガソリンスタンドとか、事故トラブルとか自動車保険とか、修理とかいろんな単語があるので、辞書引いたり別の単語帳から引っ張ってみたりしてけっこうたのしい!

ここ数日は講座の問題が終わったあとは単語帳マップ作りっていう流れでやってます。
最初は比較的取り組みやすい単語からスタートしていますが、そのうち抽象的な表現なんかもマップ化されていければいなー。


このアプリの良いところは、テキスト入力や写真を入れられるところなので、絵や図を駆使して覚えられることを期待しています。





でも作って満足することなく、活用できるようにがんばるぞ~。

Bluetooth keyboardを買った

iPhoneを買った時に使っていたリュウドの折りたたみキーボード、ジーンズのお尻ポッケにいれていたら、割れてしまった。



iPadを購入してから、キーボードの便利さには本当に助けられているので、無いと非常に辛い。かなり困る。だって、ほとんどノートパソコン状態で使ってたからね。(1万円近くしたので本当に悲しいが、すでに元はとったと思う)

お正月1月2日、Appleの初売りで、bluetoothのキーボードが、1000円引きで売っていたのでソッコー購入。ついでに、origami workstationというキーボードカバーも購入しました。


スタバのちっこいテーブルにも簡単におけるのがよいです。


自宅のデスクトップキーボードもbluetoothだけど、2007年ごろのモデルなのだけれど、いまのやつって軽くてちっちゃい。そして、なにがいいって、iPodの音量調節とか、再生、停止の操作ができる!


そんなわけで…iPadに入っているノートバッドを開き、手持ちのリスニング音声を使えば、どこでもディクテーションができてしまう!すげえ!

ノートで手書きでやってもいいわけだけど、キーボードでやると、スペルチェック機能があるので、明らかに間違いのスペルが見つけやすい。
あと、キーボードでの英語入力が早くなるのではないかという期待もある。
(英文はぜんぜんブラインドタッチじゃないもんなー。)

とはいえ、間違いの直しはノートに手書きするよりも大変かもしれない。マーカー機能のあるノートバッドアプリを手に入れるべきかも?



今回の素材は「1日5分で英語脳を作る音読ドリル」のスキットです。ちょっと面倒だったのだけれど、一度「メモ帳」でディクテーションをして、スクリーンショットを撮影。
「Noteshelf」っていうアプリで画像扱いで開き、手書きで間違いをチェック。Evernoteに保存、っていう方法をとりました。
また時間を置いてディクテーションをしてみたいと思います。音自体は思ったより取れたけど、変なところに 「, 」が入ってます。音声のポーズがあるとぜんぶ「, 」に置き換えちゃうみたい…あと複数、単数で音を落としちゃったり。
このあたりも文法力の無さなんだろうなー、としょんぼりしてみる。でもまあいいや。また頑張るぞー。

英語のアプリを使ってお料理をしよう

先日マーサ・スチュワートさんの雑誌が良いよー、と書いたんだけんど、楽しいですeveryday food!


まずもって写真がキレイ。配色がキレイなので眺めているだけでも幸せな気分になります。あとレシピが割と簡単なので作ってみようかなーって言う気分になる。
あと、英語教材としては、生活に関わる単語が多いのでなんとなく親しみやすいような気がする....。


IMG_0069.jpg

これが定期購読の画面であります。
欲しいなーと思うのもあるけれど、とりあえず、毎月楽しみに買うことにします。わくわく。そろそろ12月号が出そうなかんじです。たのしみ。

IMG_0068.jpg

あと、最近iPhone&iPadアプリの中でオススメされたのがコレ。
Epicurious
 素材別 テーマ別で検索していろんなレシピが探せるんだけど、うまそう。
30.jpg
32.jpg

うおー。タルトとか食いたい。カロリー高そうだけど。

iPad で Martha Stewartの料理本を買ってみた

9月にiPadを買いました。
現在英語学習マシーンすべく?いろいろカスタマイズしているところです。

さてiOS5になってから News Standというサービスが始まりました。

試しにいくつかダウンロードしてみました。


そのなかでマーサ・スチュワート(Martha Stewart)のEveryday Foodっていう雑誌なかなかよくって、年間購読しちゃいました。

写真も綺麗だし、動画やスライドショーなども工夫されていてみていて楽しい。そしてなにより安いです。

1年で1000円ですってよ奥様!


お試し版があるので、iPadをお持ちの方にはオススメしたいです。先日はサンプル版の鳥肉のチーズオーブン焼き、ちょっとアレンジして作ったけどおいしかったですよー。さすがカリスマ主婦。

今月は Thanksgiving特集なので素敵なおもてなし料理が多くてウットリ。
料理の本は、単位が違ったりするので計算機片手に分量を調整したりしてますがあんまり勉強って感じじゃないのでたのしいです。

オーブン料理が上手にできたらいいな。

Essential Grammar in Use Testsのレビュー

 先日セールになっていたので、Essential Grammar in Use Testsというアプリをはじめ、Grammar in useシリーズを買ってみました。

でもねえ、以前にこれを1200円で買ってんだけど....ううう。1200円。ううう、無念。まあ、良いアプリではありますがね。English Grammar in Use Activitiesを参照。


 ザクッと説明すると赤=初級 青=中級 緑=上級というレベルです。
 それぞれ、「Activities」と「tests」があります。(それぞれのレベルで2つずつ、だから全部で6種類ある。)

 で、今回レビューするのは赤の「tests」です。

音読パッケージ:持ってる音源をリピーティング素材にしよう!

 音読ドリルをやり始めるようになってから、森沢洋介さんの「音読パッケージシリーズ」のことを知りました。
いまはまだ音読ドリルが終っていないので手を付けていないけれど、いずれ「音読パッケージ」はトライしてみようと思っています。
  

先週末は「英語上達完全マップ」を読みつつ、何度も音を聞き、練習することの大事さを実感。そのなかでも「リピーティング」っていうヤツは結構大事らしいということを思いました。リピーティングについては森沢さんのページを必読ください。



でもね、でもね今自分が持っている音源のほとんどはポーズ(余白)が無いのよね。
だからこういうこと↓をするには、いちいち「停止ボタン」を押さないといけない。めんどくさい....。
(音源)The best way to learn another language is..................................
(自分)(音源の音声を聞く)           The best way to learn another language is


いわゆるリピーティング素材は、リピーティング素材用のCDが無いと難しかったんだけど、iPhoneでナイスなアプリを見つけました。英語聞き取りプレイヤーというアプリ、オススメです。これは音読パッケージをやっている人はめちゃめちゃ便利だと思います。
では「英語聞き取りプレイヤー」使ってみましょう。

3ヶ月トピック英会話 英単語ネットワーク for iPhone

2008年の、NHK3ヶ月トピック英会話 英単語ネットワークという番組なかなか良い番組でした。
数年経って、もう一度やってみようかなと思いテキストを引っ張りだしてみました。
photo1.jpg

 これはアメリカのシットコムっぽく作られた番組で、[Tokyo Strangers bar] という外国人の集まる(架空の)バーの常連の会話を舞台としています。ドラマ仕立てのスキットにでてきた単語を元に語彙を拡げ覚えるというコンセプトはなかなか面白く、良く出来た語学番組だと思います。
 最後にかならずオチがあるところが好きで、楽しみに見ていました。


 毎週番組をハードディスクに撮っていたので、DVDに焼いていたのですが、意外と見ないんですよねー。
 iPhoneで見られるようにhandbrakeで変換してみました。
 ちょっと面倒ではありますが、Mac上でiMovieで前後を少しカットして、3分ほど短縮し、すぐにドラマを見られるところからスタートするように編集しました。
 そのごiMovieでモバイル形式で書き出し、iTunesに取り込んでからiPhoneに移動。語学番組も持ち歩けるので本当に便利です。



..........いま編集が終ってザザッとっ見てみたんだけど、13話、「自然災害(Natural Disasters)」がテーマなんだけど......東日本大震災の後に見るとしゃ、シャレにならない!!
tsunamiという単語があったりするのは分かるんだけれど、実際この災害を経験すると、うわああ、怖い....って思う。「東京で大地震が起こったら国際的大災害になるよね~っ」っていうのが飲み屋のネタになってる間は良かった...。いまこのバーには外国人はいるんだろうか、みな放射能騒ぎで母国に帰っているのかも?!(笑)


でも内容はオススメ。

 いま見たらアマゾンで3巻セットで出ているんですね。
ちょっとお高いけど、この番組の中身はなかなか良いです。テキスト無くてもスクリプトついてるし。毎回のお話も面白いしキャラクターもいい味出しています。


Toeic test 実践トレーニング

iPhoneアプリのToeic test実践トレーニングというアプリを買いました。

こちらはニンテンドーDSで使って、とても良かったので、iPhone用にも買ったのだけれど、DSだと訳4000円ですが、アプリだと900円ですのでかなりオトク感があります。ただ、単語帳機能などはついていない簡易版ですので、DS版と全て同じではありませんので購入前にはご確認くださいね。


TOEIC(R)TEST DS トレーニングTOEIC(R)TEST DS トレーニング
(2007/03/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る



もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニングもっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング
(2008/06/12)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 内容はとても良いですが、DSを使っていた時に「音が悪くて聞き取りづらい」という印象を持ちましたが、iPhone版はそれほどでもない感じです。

以下iPhone版の感想

ぞろ目

iDaily Proのポイント、ぞろ目だ。(だから何だ)
IMG_2048.png

なんとなくオトクな気分になった私であった。

Grammar in use アプリを使ってみました

文法の定番参考書といえばコレですね。「Grammar in use」

この青い方が古い版ですが、CD-ROMで勉強することが出来ます。

English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , IntermediateEnglish Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , Intermediate
(2004/05/15)
Raymond Murphy

商品詳細を見る

日本語版はコレで、私も2006年に購入しました。

マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編) (Grammar in Use)マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編) (Grammar in Use)
(2005/09)
Raymond Murphy、William R.Smalzer 他

商品詳細を見る


2009年に新しい版のものが販売されています。

Grammar in Use Intermediate Student's Book with Answers and CD-ROM: Self-study Reference and Practice for Students of North American English (Book & CD Rom)Grammar in Use Intermediate Student's Book with Answers and CD-ROM: Self-study Reference and Practice for Students of North American English (Book & CD Rom)
(2009/03/09)
Raymond Murphy

商品詳細を見る

その翻訳版がこっち。

マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)
(2010/11)
マーフィー、William R. Smalzer 他

商品詳細を見る


日本語版は持っているので英語版を買おうと思っているところですが、

これはいいぞ。

 大人になってから「やり直し英語」として、自分の時間を当てて英語の勉強をしているひとは多いと思う。

  わたしの場合は、前職はほとんど英語を使う場面というものは無かったので、仕事を辞めずにそのまま働いていたら今ほどは英語の学習に時間を取ることは無かったと思う。そこそこ忙しい職場だったし、「このクソ忙しいのに英語の勉強なんて無理」と思っていた。

NHK講座を持ち歩く

HandBrakeというソフトを使って、NHKの録画教材をでiPhoneに移すことにしました。

 教材は「3ヶ月トピック英会話 トップインタビューに学ぶ 自分を語る表現術(2010-4月-6月放送)と言う番組。
 各分野で活躍する人たちを月4人のペースで紹介、インタビューしていきます。分野は投資家や海外探検家、写真家、ミュージシャン,スポーツ選手、歴史学者など、バラエティに富んでおり大変魅力的な内容となっています。

iPhone 単語帳

 英単語を真面目に覚えようと思っています。

 .....なんでかっつーと、織りとか、編みの技法書が読みたいという事と、編み物好きのためのSNSravelryの情報をバシバシ読めたら良いなと思うのと、シェットランドウールの毛糸をネットで買う時にそこそこ苦労せずに注文出来るように....ってのが主な理由。


 んで、単語帳を 作ろうかなと思ったんだけど、紙ベースだといろいろ面倒。



思いついたのが(例によって)iPhoneでの単語アプリ。でも、意外といいのが無い。いや、悪くはないんだけど目的に叶わないので辞めざるを得なかった。
 さいしょ、WordBookという無料アプリでやっていたんだけど、単語のカテゴリが6つまでしか増やせないのと、各カテゴリ100ワード分しか(つまりぜんぶで600ワード)保存出来ない事、バックアップや、書き出しが出来ないということ。う~ん。それだと困るー(無料だから文句は言えない)
ワタシのイメージとしては
 フォルダはたとえば「名詞」「動詞」「形容詞」「副詞」のほか「会話で使うフレーズ」とか「熟語」、そのほか「染織技法で覚えたい単語」「美術史、絵画作品に関わる単語」とかでもいいだろうし、「TOEIC必修レベル1」「TOEIC必修レベル2」「TOEIC必修レベル3」とかでもいいと思うんだけど、いずれにしても幾つかのフォルダ分けをしたい。

 さらに、フォルダの中には少なくとも200-300、1000語くらいは入れないとあまり実用的にはならない。
あと、インポートエクスポートが出来ないとダメ。バックアップで消えたら悲しいし。
 あとは、wordbook freeとか、 My word bookとか、いろいろあったんだけれど、無料版には限界があるかも。



 
 フラッシュカードの再生に関しては「出来なかったもの」の復習が無いと全然意味が無くて、分かんないヤツをつぶして反復集中できる仕組みは必須。(いままでテキスト状の単語帳を買っても、確認は出来ても定着せず覚えなかった)

悩みに悩んで、i暗記というアプリを購入してみました。
 ザッと特徴をあげると、
☆パソコン(ウェブ)上でデータを作成出来る
☆csvファイルのインポートが出来る。
☆英語に限らずカードを作れる
☆画像の張りつけが出来る

....オットーがいろいろアドバイスをしてくれたのだけれど、なにを言っているのかサッパリ分からない。
 よくわかんないけど(言われるがまま)手始めにブリティッシュナショナルコーパスを用いたTOEIC語彙の分析(中條 清美(日本大学生産工学部)、Michael Genung(日本大学生産工学部))の22-24ページの語彙を拾って単語帳を作る事にした。オットーによればGapsse(がぷっせ)というフリーソフトを使うと、単語に自動で意味を当ててくれるのだという。ただ、Gapsseはmacでは使えないので、変換はオットーの使っているwindowsマシンで行いました。
 

 作り方
 ① 上記URLの22-24ページの一覧をコピー
 ② textファイルに単語をコピー(ドロップボックスの共有フォルダに保存→私のMacintoshからオットーのWindowsへ)
 ③ Gapsse上で単語の意味をインポート、さらにcsvファイルに変換。
 ④ i暗記のページで単語カードを作成
 ⑤ iPhone上にインポート

 おしまい。
...ん?あ?
 あれ、iPhoneには、ちゃんと単語がインポートされてる!!すごい!
オットー、すげえ!便利じゃないか。
 

 とはいえ、訳文がいまいちなのとか、品詞は新たに入力しなきゃならないのとか、ちょっと追加でやらなきゃならないこともありそう。概ね単語帳らしきものが出来ました。
 
ちょっとこれで頑張ってみます。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。