スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術×英語学習

 きのうTwitterの学習仲間のtaiki.nさんが、絵画がお好きだとの話を聞き印象派の話などしたのですが海外の美術館ってほんとに太っ腹だなあ、って思います。
 一応もと美術教師だったので、若いころから美術館に行く回数は多いけれど、日本の美術館は混み過ぎだと思う…。クタクタになって人の頭を見て帰ってくるということも少なくないので、オバちゃんになった今はそうとう頑張って見に行かないとツラい。体力が。

 ニューヨークのメトロポリタン美術館やワシントンのナショナルギャラリーなど、日本でもおなじみの有名美術館ですがたとえば「ボストン美術館展」に行くのならば、頑張ってお金を貯めてボストンでみる…のがいいかもしれません(極端だけど)。
ビックリするほど混んでいないし、入場料も安いし(ワシントンのナショナルギャラリーは無料)、写真もフラッシュ無しなら撮り放題だし、なかにはイーゼルを広げて油彩で模写している人までいる。すげええ!!

 アメリカの4ヶ月間の滞在ではカネがあるっていいなあ、ってことを強く思いました…。美術館の所蔵品量がハンパないし、好きな人にはじゃんじゃん楽しんでもらうぜ!っていう気概みたいなのを感じて大好きだ、アメリカの美術館!!実際に訪れるのは難しくてもオーディオやビデオポッドキャストで「ウチの美術館ってこんないいんだぜ!」っていうアピールが素晴らしい。これだったらちょっとした美術の授業で使えるもんなあ。

 (過去ブログ「亜米利加滞在日記」のリンクをちょっとだけ載せます)
亜米利加滞在日記 2007/4/24 フィラデルフィア美術館 亜米利加滞在日記 2007/4/23 メトロポリタン美術館 亜米利加滞在日記 2007/5/29 ボストン美術館 亜米利加滞在日記の2007/5/21 MoMA



 

 taiki.nさんと話をして、「そういえば美術展の図録って英文載ってるよな…読めるかあ?」と思って引っ張りだしてみました。20年前のMoMA展の図録…。

例えばセザンヌの水浴の男の解説のスクリプトはこんな感じ。
 
ぱっと見てわからない単語(contradiction/ density/ scrawny/ vibrancy とか…)も幾つかあるけど、辞書を引きながらだったら頑張って読めそうな気がしてきた…。こういうのスラスラって読めるようになると一歩前進な感じですよねえ…。

MoMAのサイトに行くと、さまざまな作品が検索できるようになっているのだけれども(メトロポリタンやルーブルも見たけど、)英語学習素材として考えるならばMoMAが使いやすそうです。

 たとえばマチスのダンスを例にとると、作品解説ページのなかには、音声&スクリプトもあります。
音声は英語だけでなく、日本語(他:フランス語中国語ドイツ語など)もあるので内容の確認もしやすいのがオススメのポイントです。

スクリーンショット 2012-06-24 13.35.30
 たとえばこの「playing」のスクリプトは

スクリーンショット 2012-06-24 13.31.10
 ここで見る事が出来ますし、長さ自体もそれほど長くない。時々難しい単語が出てきても、日本語のオーディオを聞けば内容を確認する事が出来ます。


英語学習に飽きたら、自分のすきな絵を英語で見つめ直すっていうのもいいかもしれません。
ああ、美術館に出かけたくなってきた…。



 
 
スポンサーサイト

TOEICの結果が来た...

 5月末の結果がでたみたいですTOEIC....

2011/1/30以来受けていなかったのだけど、1年以上やって100点しか伸びないって微妙だな〜(TOEIC対策始めたの1ヶ月前だったからかな)
 この前日、夫とケンカをして(普段はとっても仲良しなのに)ものすごく不機嫌かつ寝不足で受験したテストでした。(なんでケンカをしたかと言うと、テスト前日にlang8の日記を書いてて、夫にちょっと質問したらやたらキツいことを言われてムカついた。テストの前日は気分よく早寝したかったのに、たまたま言い方が意地悪で、あたまに来て泣いたw...へんな夫婦...。)そんな事情もあり予想よりは良かったので嬉しい。


スクリーンショット(2012-06-18 17.24.19)

リーディングはすこしマシになったけど、リスニングは前とあまり変らない。印象としては結構聞き取れた気がするんだけど、きっとウッカリミスなんかがあったんだと思う...。
次は700点台を目指して頑張りたいと思いました....。 今後はテスト前にサッカー日本代表の試合を見たり(一昨年)、英作文の質問は夫に投げかけたり(今回)しないようにするわ....。
 

紙の辞書を買いました

いまの電子辞書のラインナップは
iPhoneとiPadで使える The Cambridge Advanced Learner's Dictionary、シソーラスはWordBook English Dictionary & Thesaurus、和英は主にPDICで英辞郎第2版のpdico
を使っています。


スクリーンショット 2012-06-17 8.17.10 スクリーンショット 2012-06-17 8.15.44 スクリーンショット 2012-06-17 8.15.16

 私の紙の英英辞典はロングマン先生です。(第2版の昔の奴1987年とかの判)。
学生時代に買ってたのだけど、全然使っていなかったのですが数年前からまじめに使うようになりました。最近lang8で日記を書くようになって特に辞書が便利だなと思うようになりました。
(多分いまのエディションはコレかな?DVDとかついているんですよね、いい時代になりました)
 


 高校の教師をしていたときの英語科の同僚は電子辞書は使わずに紙の辞書を使っていたのですが、ほんっとボロボロで引くのが大変なくらいクッタクタで、ものすごい風格でした

 辞書もあそこまで使われたら本望だよなあ…。
ロングマン先生は、英作文のときとかとっても重宝しているんだけど、外出時には重すぎてツラい。(おうちで使う分にはいいんだけどもね)。きのう本屋さんに行ったら、[Oxford American dictionary]っていうペーパーバックの辞書が安かった(アマゾンでは500円くらい!ジュンク堂で750円でした)ので買ってみました。
 例文などは載っていないけれど、ロングマンは1キロ以上あるのに、オックスフォードアメリカンのほうは、475g。これなら使い勝手良さそうです。索引はついていなかったのでチマチマとペンで赤マークを付けました。








紙の辞書も、電子辞書もそれぞれのよさがあるので、楽しく使って行きたいです☆

Skill Exchange計画

 Twitterから出会った100wish listの執筆者の一人のエミコフ師匠とステキなことを計画中です。

 エミコフさんのお絵描きパンケーキはホントにスゴイコレとかホントに可愛い

 Twitter&facebookにてでいろいろやり取りしていたところ、エミコフ師匠は水彩画に興味があることが判明。しばらく描いていないからと仰るのだけれど、わたしも10年ほど美術教師をしていたので絵を描きたいひとにたのしく書くTipsは持っているつもりです。
 (教員の仕事の足を洗って長いけど)気軽に楽しく絵を描く人がふえるのは自分にとってもとても嬉しいことです。よくlanguage Exchangeってあるけど、Skill Exchangeもアリじゃないか!ってことで、スカイプを使って、私がエミコフさんに水彩を教え、エミコフさんが私に英語を教えるという方法になりそう。うわー!楽しみっ。

AvVUgxKCQAAPLU5.jpg

月1回ペースからはじめてみようと思います!わくわく。

lang8 再び

2010年頃に、登録したlang8.....(※英語ブログではないときに書いた記事)
登録してみたものの添削後のコメントとか何て書いたらいいか分からず、


放置。(涙)


最近文法&ラングリッチをやってみて、いろいろ本を読むよりも、実際に日記とか感想とか書いた方がいいのでは?と思い始めました。日記を書くと確かに、フリートークのときにネタが出来るから使える…。これはいいかもしれぬ。

 いまここで週三回くらいをめどに英作文してるんだけどさ・・・・

書けない。・・・というか時間がかかる。

これはつらい。


1時間近くもかかってコレかよ!
時間ばっかりくって内容はこれっぽっちかよ!
…とションボリガックリしているけれど、千里の道も一歩からだから、まあショッパイ感じで続けたいと思います。しょぼん。

でもねえ、確かに文法のことは考えるようになった気がします。
え〜と、ここは主語がコレだから三単現じゃないとおかしいなとか。受け身の雰囲気をだすからbe+過去分詞だなとか…。パーフェクトにはほど遠いけど、前よりはずっとましになった気がします。
 うぐぐ。ツラくならなくなる日は何時なのか…orz...

 今の自分のルールとしては

⑴自分の作れる範囲の英文で書く。
 (多少幼稚であっても、今は無理して背伸びしない)
⑵文章にはかならず母国語を入れる
 (日本語を勉強する人にとって勉強になると思うから。)
⑶写真を入れるようにする
 (興味を持った人が添削してくれやすいと思うから)
⑷自分の身近なトピックにしぼる
 (政治の話とかはもっと力がついてからでないと無理)
⑸短くてもいいから、できるだけ毎日続ける。
 (内容より今は継続を重視する)

あと、日本語日記の添削の際には音声を吹き込んでさしあげることにしました。東北弁気味だけどね!(笑)


とりあえず6月はこんな感じでやりたいと思いました。続くといいなあ。


「英文法TRY AGAIN」にトライアゲイン。

なんか、ズームイン朝にズームインみたいなタイトルですなw



きのうも書きましたが、「英文法TRY AGAIN」にトライしています。実はこれ、数年前に読んだんですが、ビックリするくらい忘れてますというより、読んでもなんのことをいっているのかがイマイチ分かんなかったという感じ。当時は文法の問題演習を全然やっていませんでしたからピンとこなかったのは当たり前かもしれません。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。