スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の初めての英検1級チャレンジ(2次試験準備補足の巻)

こんにちは。夫です。

同じ試験を経験した身として、もし参考になれば、と英検1級の2次試験の準備について、私が最終的にしっくり来たやり方を補足的に書いてみます。以前のエントリーを併せてご覧いただければ幸いです。

スポンサーサイト

夫の初めての英検1級チャレンジ (2次試験編体験の巻)

2次試験準備の巻のつづき)

夫です。合格でテンションが上がってこの文章を書いていますが、もうすぐ力尽きそうなので、手短かに2次試験の様子を書いてみます。

夫の初めての英検1級チャレンジ (2次試験準備の巻)

1次試験の巻からのつづきです)

夫です。英検1級の2次試験の様子について書いてみます。

1次試験の結果が思いのほか良かったため、2次試験の準備をする必要性を感じたのですが、エッセイの得点がいまいちだったことからも分かるように、事前には全く準備をしていませんでした。これはかなりまずい、と思って慌てて情報を探したところ、意外と情報が少ない!今にして思えば、2次試験の評価基準は基本的なコミュニケーション能力と形式に沿ったスピーチの能力を見ており、これらが出来ている人なら特に2次試験対策をしなくても合格するという性質のもののように思うのですが、それだけに英検の2次試験のための最小限の情報、というのはなかなかないように感じました。その中でも、目指せ英検1級!--英語スピーチ100 WISH LISTの各サイトは情報が充実しており、特に参考にしました。

これらを見て感じたのは、やはり、基本的なスピーチの型を(できていなかったので)しっかり作ること、ある程度幅広い話題についていけるだけの語彙を身につけること、などでした。以下に、そのために私がしたことを書いてみます。

夫の初めての英検1級チャレンジ (1次試験の巻)

スパルタ夫が英検1級に合格しました。

 今日はその様子を1次試験、2次試験に分けて夫に記事を書いてもらうことにしました。皆様の参考になりましたら幸いです。

---- 以下夫筆

こんにちは、夫です。

本日インターネットで確認したばかりのほやほや合格者(2012年度第2回)ですが、ひょっとしたら皆様のご参考になるかもしれないと思い、試験までにやったことを書いてみます。

まず、準備段階として、旺文社の英検1級総合対策教本(以下「総合教本」)およびキクタン英検1級(と例文だけを集めたオーディオブック)は(1年ぐらい前?から)買っていました。しかし、実際に受験する予定がなく、ダラダラやっているだけだったので、妻の強い勧めもあり(もしものためのキャリアアップ?)、実質的な準備を全くしないままに10月の1次試験の申し込みをしてそこから考えよう、というのが確か9月くらいだったと思います。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。