スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LingQを始めておおっ!と思ったこと

最近LingQをやっていて「おおおお!」と思った事がありました。
文章だけだと上手く説明出来ないので自分でイラストを描いてみました…。



 英語を勉強し始めたとき、相手の話す内容を図にするとこんなイメージでした。

1
(話す早さにもよりますが)単語の切れ目とかも良くわからず、「ズラズラズラ〜」と聞こえる。言ってる事が全く分からない。
 「表情」とか「ジェスチャー」でテレパシーのように「こんなことを言ってるみたい?」って推測する感じです。


2.jpg
 リスニングを続けていると、次第に「知っている単語」がちょいちょい挟まってるな〜っていうのがジンワリ分かってくる感じに変わり、


3
 知っている単語が増えてくると、言っている事が「ズラズラズラ〜」というのではなくて、もうすこし「区切りっぽい雰囲気(いわゆるチャンク)」を感じるようになってきました。
 でも「知らない単語」は抜けたりするし、接尾語とか接頭語とかは聞こえるけど、全体意味としてはまだモワーっとしていて推測してなんとか分かるっていう感じ…?(つまり細かいところが分からない)


4.jpg
 例えば「whole」が「ホー」って聞こえるとかprocedureが「レシージャー」って聞こえるとか、find outのoutが聞こえなかったりとか…。isなのかisn'tなのか聞き逃したり。最初の頃よりはだいぶ聞こえるようにはなったけど、正しく聞き取れてなかったり、抜けてたりっていうことが頻繁に起こる…。
  
 今の自分の場合はこの状況に居るんだと思います。
(注) 
 ★文章の難度によって聞ける内容、理解出来る内容は変わります。
 ★文章を読む音声の早さ、文の分量によっても違います。
 

 上記の図は主にリスニングに関して書きましたが、私はどちらかというとリーディングが苦手(というか嫌い)で読むスピードも遅いのが悩みです…。
 単語力が足りなかったり、複雑な構文に慣れてないっていうこともあるけれど、聞くと読むをバランスよくやらないとダメだなーって事を感じています。

(そんなことから再び始めたLingQだったのです。)

 いまLingQでやっているのは「オズの魔法使い」です。これは昨年ペーパーバック版を読みました。
いわゆる「SSS多読」でやったので、
  辞書は極力引かないルールで読みました。
5
 筋としてはだいたい分かったんですが、「もっと細かいところが分かったら良いなー」って感じに終わりました。


 LingQではゆるゆるですが、1日1章のルールで、
フラッシュカードをやってから本文を音読する。っていう感じでやってます。
6
(本文を読む時間がない時でもフラッシュカードだけはやるようにしています)
すると…「クッキリ分かる瞬間」がある…。


 (絵を描くのが既に飽きてるんですがw)
7

…なんというか、飛び出す絵本みたいに、登場人物が本からキュッとポップアップで出てくる感じ、またはフルカラーで泣いたり困ったり、驚いたりして冒険する感じの瞬間があっておおおおおお!って思いました。

 これってアレか、ヴィジュアライズってヤツか!((((;゜Д ゜))))))))


でも(攻略リスニングのヴィジュアライズよりも)すんごいクッキリする!(なんでかというと「オズ」は内容が易しいからだと思う。)

視力0.5が1.5になったような感じ!
ボンヤリ裸眼が、メガネをかけたような感じです。

自分のレベルにあった文章を読んだり、単語を身につけるとこういうクッキリ感が得られるのか…と感じた一瞬でした

うれしい。
がんばるぞLingQ.....
スポンサーサイト

LingQ :私の学習(単語を振り分ける)

さて、実際の様子など。
これがレッスン画面です。単語に、黄色と青で色が付けられていますね。

レッスン画面


 青が進出単語、黄色がこれから覚えたい単語です。

青でチェックされた単語を一つずつ「知っているかどうか」で振り分けて行きます。ここでは新出単語163とあります。

単語2

例えば、このpanesという単語は知らないので、黄色単語として残こすことにします。

単語

振り分けた後です。新出単語0となり、LingQsが50となりました。これからこの50の単語をフラッシュカードで覚えて行く感じです。

黄色


フラッシュカードはこんな感じででてきます。
覚えていないものは何度もでてくるので便利。

テスト1

こちらはiPhoneの方の画面です。朝寒い時間とか、手元で出来るのはとても助かります。うまく自分の状況にあわせてコンピュータと「連携」してやるのが効果的だなあと思いました。

LingQ :私の学習(素材を選ぶ)

 きょうは私がLingQで毎日やっている事を書いてみます。

今やっている素材は L. Frank Baum の The Wonderful Wizard of Oz 「オズの魔法使い」です。本はこちらです。去年ペーパーバックで一度読んだ素材です。




LingQでも音声付きで素材が提供されています。(クリックで拡大します)

オズ1

私はこれを「1日1章ずつ」やっています。ひとつの素材の音声は10分〜20分前後です。提供されている音声データはいろいろあり、速い速度のものもあるようです。

私の場合は
 1 朝  iPhoneのアプリで、昨日の分のフラッシュカードをやる。
 2 夜21時半頃、今日の分のテキスト本文の単語のなかから覚えたい単語を振り分ける
 3 振り分けた単語をフラッシュカードで見る
 4 音声と一緒に本文を音読する
 5 寝る前にフラッシュカードをやる
 
 …という感じで行っています。
時間としては全部あわせて40~60分くらい。

あと、時間があるときに音声を流している感じでしょうか。


フラッシュカードはいい感じ。
フラッシュカードを流す時間そのものは長い時間でないし、レッスンが進めば新出の単語も少なくなってくるので振り分けが楽になりそうです。とはいえ私自身はLingQをはじめたばかりなので、すごーく簡単な単語も「新出単語」として入ってくる場合があるので、新出単語200とかザラです…orz...
とりあえずチャプター10迄は進んだのであと半分頑張ります。

LingQ とりあえず今やっていること。

 2007年の渡米以来ほそーく長ーく、(あんまり目的の無いまま)ダラダラ英語学習を続けてきました。

 テストで高得点が取れたわけでなく、自由自在に英語が話せる訳でもない…。
ホントにただ続けているだけだけど、まあ、なんというかそれなりに楽しくなってきた私です。


 2007年から2010年まではとりあえずあちこちの本を手に取って解いてみたり、暗記してみたり、っていう感じ。「1冊やりきった」っていう感じではなくて、「良さそうと思えば飛びつき、飽きれば辞める」っていう感じなのが多かったように思います。学習の記録などもしていませんでした。

 一つのきっかけは2010年の「竹蓋Vメソッドボキャビルdrill」でした。
 (特に目新しい話じゃないんですが)「本文のなかから単語を覚える」っていうタイプのやり方をするようになったあたりから少しずつ学習の取り組み方が変わってきたように思います。
 その後2010年冬にこのブログを始めて、(中だるみしたり、サボったりもしたけれど、まあ続いてはいるので、)英語の学習自体は習慣化したんだなーと思っています


 個人的には2011年は英語学習元年の年なんだと思っています。(それまでの2007-10は何だったのか…)

 いま振り返ってみると、2011年はなんとなくだけど「文法の年」、



2012年は何となくだけど「英会話の年」(といいつつ、ラングリッチ自体は半年で退会しちゃったけど、個人チューターの先生には週3回教えてもらっています。)


っていう感じに過ぎていって、2013年のいまふたたびLingQをやってみて、なんとなくこれからやるべき事の手応えを掴んできたかも…って感じがしています。
k.png


 LingQに登録したのが2011年、震災が起こった春のころでした。「良さそうだ」という思いはあれども、いまいち使い方がよくわからない・・・。という思いがあり、なんとなく放置しておりました。

 まず、使い方のヘルプが全部英語なので、ヘルプ読むところででまず挫折。
 英語を勉強するんだから本来は根気づよく探せばいいんだけど、当時は余震だのなんだのと余裕がなかったし、Grammer in useをやってた頃だから、当時LingQはまったく活用できていませんでしたが2年の間にいろいろやっていたおかげで、LingQで勉強し直そうと思えたのだから、まあ「遅い」とか「あの時からやってれば」とか思わずに気長に頑張って行こうと思いました。

 もともとLingQに興味を持ったのは、yukomillenniumさんのブログがきっかけだったのですが、やはり「好きな分野のものをたくさん読み、聞く」っていうのは魅力的だと思いました。
 私自身はまだ10ドル会員なので、とりあえずは「読む」のと「語彙を身につける」だけに特化する予定ですが、彼女はLingQをメインにして35000語の語彙を身につけたのだそうです。


 いまはとりあえずやさしめの教材を進めていますが、そのうちネットから絵画、工芸、彫刻、の分野の素材を探し、LingQで読んで行けたら良いなーと思っています。

LingQ不具合

 去年、LingQでオズの魔法使いを読んでいた話を書きました。

 Skype英会話のラングリッチを始めてしまった関係でLingQの有料版(月10ドル)をケチって有料版から無料版にしてしまいました。無料版になると単語数が制限されるため、結果的にオズの魔法使いは普通の紙の本で読む事に。
今年は個人チューターの先生にレッスンをお願いしているので、月謝が4980円から2000円ちょっとに節約出来ているので、この4月、久しぶりにログインしてみたLingQ。


ん?なんか動作がおかしい。

まず練習したはずのレッスンなんですが、画面に表示されません。
例えばこの、The Wonderful Wizard of Oz (by L. Frank Baum)のレッスンを練習します。
(スクリーンショットを添付しましたが、図をクリックして拡大してください

スクショ1


ちなみに、普通にフラッシュカードは使えます。

スクショ2


しかし「マイレッスン」に戻って、「最近学習したもの」を見てもたった今やったレッスンがなぜか表示として反映されません。

スクショ4

([A magic ring] , [Improve Your English Skills by Writing, Part 3] このレッスンはたしかに閲覧はしましたが、やったはずの直近のレッスンが入ってきません)

どうやら「アーカイブ」の機能がうまく行っていない感じです。
アーカイブのボタンが見えるレッスンと見えないレッスンがある…。どうしたことでしょうか。


ちょっと下のスクリーンショットをご覧下さい。
[A magic ring] , [Improve Your English Skills by Writing, Part 3]のレッスンの左側には四角い箱が表示されていますが[The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum, Chapter 14. The Winged Monkeys]から下はアーカイブボタンが表示されません。なんでだろう?? 私の使い方がおかしいのかな?変な操作しちゃったとかかな?

スクショ5


そのほか、過去の使わないレッスンを消去したいのに出来ない。
またiPhoneのアプリケーションのほうにも「プレイリストが作ったのにアプリに反映されない」などの不具合があり、
若干テンションが下がってしまっています…。


自分としては、「自分の好きな読み物」を親しむ為にLingQを使おうと思っています。

 LingQで比較的易しめの素材、興味のある素材を読む→フラッシュカードを作って単語を覚える→認識語彙を増やす→数年がかりで難易度をあげていく

といった流れを考えています。

The Wonderful Wizard of Ozは一度読んだ本ですが、細かい単語はすっ飛ばしてしまっていたので、再度復習?を兼ねてLingQ始めたのですが、最初にフラッシュカードで単語を入れてから本文を読むと本の中身がすごーく立体的になる感じで実際に楽しい事は楽しい。
そのためには有料版=iPhoneなどで手元で学習出来る仕組みは不可欠です。なにしろパソコンを立ち上げずに何処でも出来る訳ですからね。(夜寝る前とか朝起きた時とかね)

アーカイブが上手く行かないと、iPhoneとの同期も上手く行かないみたいで、やりたいレッスンが手元で出来ないんですよね。うーん。これではせっかく有料版にしたのに、なんだかなあって感じ…。まあでも根気よくやるしかないので、サポートの修正を待ちたいと思います。

イギリスの金魚の雑誌を読んでみる

 私の趣味の一つに「金魚の飼育」があります。

金魚かわいいよ金魚。ホント天使だよ金魚。

 最近Twitterのフォロワーさんにこんな雑誌があるから読んでみ、と紹介されたのがコレ
goldfish magazineという雑誌です。

これはウェブ版が無料でダウンロードできるというので、ダウンロードしてiPadで読めるようにしてみました。
うひょー!まるまる1冊金魚じゃないですか!!やったね!


内容はこんな感じ。(いきなりウンコな写真ですが、他にもかわゆい写真がいっぱい)

ざっし


金魚のウンコについてアツく語ってていい…じわじわくる…。
iPadで読むのは綺麗ですが、Kindleだと辞書が使えるので、読む時には主にKindleを使っています。そのうち絵画の技法書などをPDF化してKindleに持ち歩けたりとかできたらいいな~~~。


ちなみに、ウチの金魚はコイツらでございます。えへっ。

子供用の教科書を読む



 最近ダラダラ読み始めたのが「子供用のアメリカ史の副教材」です。
この本は2007年当初、スパルタ夫からお薦めされていた本だったのですが、リーディングから逃げて逃げて今迄来てやっと最近手に取ってみようかなーと思ったもの。

読んでみようと思った理由は

1 小学校4年生から6年生を対象としているので基本的に辞書なしで読めそうだと言うこと。
2 アメリカの歴史は短いので、ボリュームとしてツラくないんじゃないかという期待があること。
3 アメリカの地域についてあまりよく知らないので、これを機会に勉強してみようかと思ったこと。

の3点です。

私はあまり読むのが早くないので、のんびりリーディングになりそうですが、気長に楽しんでみたいと思います。
テキストの中身はこんな感じ。


図版やイラストが多いので、文字に圧倒されずに済みそうです。
ウフフ、楽しみ。

ええっ!そんなに時間が経ってしまったのかい?

 ダラダラと英語の勉強をはじめて、何年経ったんだろう…?

 2007年に北米で生活したのはたったの4ヶ月。喋れるようにはならならなかったし、読む、聞く、話す、書く、どの分野も全然だめでした。

で、今は2013年…
ええっ!もう6年も経ってしまったのかい? でもって、たいして実力がついていないのかい?マスオさんbot風

 マスオさん?そうよ、その通りよ!やりたいようにやってもやらなくても時間は過ぎてしまうものなのよ!(サザエさんbot風)





 私の英語の学習をダラダラと続けている理由って、アメリカ滞在の4ヶ月間の経験がツラかっただけの気がします…。

お店に行っても注文できないし。
お料理のレシピも説明できないし。
親切にしてくれた人にちゃんとお礼も言えないし。
道に迷っても、どうやって行けば良いの?って聞けないし。
多分強盗にあっても、警察の人にちゃんと状況を伝えられない。
ああ、なんかあったら一番先に死ぬんだわ、私。と本気で思ったもんです。



 前職の頃、自分は定年迄働くもんだと思っていました。
そして自分の生活に【英語】が必要になるだなんて考えたことも無かった…。だからスパルタ夫が仕事で海外に行くって時に「へ?マジすか?」って感じでした。それ迄は仕事を辞めるつもりなんて無かったのに、いざとなると「へ〜、一人で行ってくれば〜?」とは言えないもんです。私はこのとき、急遽人生の方向転換を強いられたのです。

 夫が渡米したのは2006年秋、私は2007年春。半年遅れの間に残務処理が忙しく、英語の勉強の準備なんて出来る訳が無く、わたしにとっての「やり直し英語」はいきなりアメリカ生活から始まったのでした。 当時の準備の様子などはこちらにありますが、ホントに文法も語法もさっぱり分からんかった。

 滞在1ヶ月目位からESLの文法のクラスに参加したんです。
 私の行ったクラスの先生が優秀だったからだったと思うんですが、「英語で英語を教えてもらった方が何となく分かる」…という不思議な経験をしました。

 クラスには色んな国から来ていた人がいたんだけれど、母国語を介さずにそのまま英語で習った方が直接的に分かる感じがしました。
 以降自分の勉強は何となくではありますが、英語圏で書かれた比較的易しめの学習素材を使う、っていう方針を続けてきました。

 TOEICも時々受験しているけれど、公式問題集とか対策本でがっちり勉強をして臨むって言う感じじゃなくて、そのときに身に付いている力をチェックするためだけにやっている感じ…。だからさっぱりスコアは伸びないし、難しい語彙も身に付いてない…。
 ちゃんと対策をしてTOEIC戦士になるべきかと、モヤモヤ考えていたりもするんだけど、どうしたもんかなあ? (だって、TOEICって面白くないじゃん。大抵時間に仕事でトラブルがあったり、飛行機が雪で離陸できなくなったりしてバスを出したりするんじゃん。で、メーカーのカスタマーサービスに文句のメールを書いたりするんじゃん…ぜんぜんおもしろくないよ…。)


そんな感じでなんかモヤーンとしている今日この頃…あ〜。どうしよっかなー。

「能率手帳スコラ」を英語学習に使う レビュー

能率手帳スコラ。
1週間(というか、始めたのが4月3日だったので正確には5日間)ほど使ってみました。

個人的な感想ですがなかなか良いです!

まず特筆すべきなのは項目ごとの学習時間を書く欄があることでしょうか。


今までは手帳にスペースを設けたりしていたんですが、やはり既に記入欄が設けてあるのはとても便利ですし、「書かなきゃ!」っていう気持ちになります。

あと、1週間の学習量をグラフ化出来る欄がものすごく良い!!



いままでいろいろ記録の手段を模索して来ました。
最初はこのブログに毎日学習時間をアップしていたのですが、やはり毎日更新は結構辛い。
iPhoneなどで記録する事もやってみましたが、忙しいと滞ってしまう。
記録を更新せずにいるとモチベーションが下がってしまっていたのですが、この手帳はかなり薄く、あまり邪魔にもならないので自分としては取り扱いやすいと感じました。




さて、1週間の結果です。

 目標としては1日3時間出来たら良いな~という感じ。

私は基本は主婦なんですが、在宅で仕事をしているので家事や仕事の最中にリスニングする事が多いので、全体のほとんどをリスニングに使っている感じ…。「何らかの形で英語に触れる」という点ではひかりTVで英語の番組を見たり聞いたり出来るので、ある程度クリア出来ているとは思います。しかし、「力が付いているのかどうか分かんないくらいダラダラ流している」ので、時間としては長くても、話せるようになるとか、理解出来るようになるとかは別の視点で見ていく必要があると考えています。
 とはいえ、こうしてグラフ化し、「時間のボリューム感」を感じるだけでも全然違います。

「もっと読む時間をつくらにゃならんな」とか「文法に割いてる時間が全然無いな」などと反省するので、自分の傾向を見たり、現状の力を知るには記録を付けるのは絶対必要なんだなーと実感しています。

だってモチベーションが違いますもん…。ダイエットと同じで記録を付けてる間は減量出来るけど、付けなくなった途端リバウンド…。レコーディングダイエット的考え方はやっぱり大事なんだなーと思った次第です。

「能率手帳スコラ」を英語学習に使う

あわわ。
ブログの更新が全然出来てないじゃん。私


最近全然モチベーションがあがらんちん。
Twitterの英語学習者のみなさんを見ていると、ホントにホントに頭が下がってしまうわ!朝の早起きクラブのみなさんとか…ううう。ううう。

言い訳してもしょうがないので、いまやってることを書いてみます。
 この春高校に合格した姪(夫の姉のこども)のプレゼントとして、いろんな書籍とともに「能率手帳スコラライト」という手帳をプレゼントしました。


 なかなか内容が良さそうなので自分用に能率手帳スコラを購入してみました。
(クリックすると写真が大きくなります)


中面の一部はこんな感じ。







毎日のレイアウトはバーチカル型となっています。時系列に記録していくのですが、基本的には英語以外の予定は別の手帳に書いているので、空いたスペースにはその日習った事とか、チャットで話題になった事とか、忘れやすい単語とかを書き込む事にしました。
 レッスンしたとか、問題集をやった等のアクティビティは青文字で記入。
 テレビや映画を見た場合は紫文字で記入。




このスコラのいいところは、項目ごとに学習時間を記録出来るところでしょう。
毎日の終わりには「今日は主にこんな事をやった」というのを下に分かるように記入することにしました。


そしてこちらは1週間のフリースペースの欄です。
「今週の目標」「メモ」「1週間の振り返り」「コメント」「学習の記録」があります。ものすごく便利!




学習の記録に関してですが今のところは使い始めなので、試験的に取り組んでいます。
自分の場合は項目はこの6つ。
 Skype英会話やチャットを「英会話」、聞き流し&精聴を「リスニング」に。多読、文章を読む活動は「リーディング」としました。文法や単語はひとくくりにして「文法&単語」の項目とし、音読はとりあえずなんでもいいから読んだ場合には「音読」としました。(ドラマはダラダラ見ているので基本的には学習時間としてはカウントしないことに。)
 
 どのくらい続けられるかは謎ですが、すこし頑張って記録してみたいと思います。


そうそう、ところでスパルタ夫が万を辞して英語学習ブログをコッソリ始めたらしいです…最近まで知りませんでした(笑)。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。