記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Mr.Evineの中学英文法+αで話せるドリル」 レビュー


Mr.Evineの中学英文法+αで話せるドリルMr.Evineの中学英文法+αで話せるドリル
(2010/01/22)
Evine

商品詳細を見る


 1月からやっていたドリルです。まだテストを終えていませんがUnit1-12が終ったので、中間レビューを書きたいと思います。



本の構成

☆ section1
 Unitに入るまえに「中1-3年生までの復習問題」がある。
  「中1-3年生までの総まとめテスト」を解き、点数別の学習の指計が述べられる。

☆ section2
Unit1-12の全12課。6課ごとにShuffle stage Communication Stageがある。
   (1日1ユニットという目安だが12日で完成するのではなく、Shuffle stageとCommunication Stageをあわせて1日ぶんのユニットくらいの分量があるので、14ユニットと見た方がいいかも。)

1課で学ぶ項目は2つ。(下の絵はアマゾンから「なか見!検索から引用)
Input Stage 1(解説)→Warm-up1(復習&問題) Input Stage 2(解説)→Warm-up2(復習&問題)
   スクリーンショット(2011-02-15 13.54.13)

スクリーンショット(2011-02-15 13.59.10)


Output Stage1 (Input Stage 1 2で学んだ部分の総合問題 並べ替え等の問題がある)
スクリーンショット(2011-02-15 13.59.22)

Output Stage2 (Output Stage1の問題と同じだが、全て自分で英作文する
スクリーンショット(2011-02-15 13.59.28)

 真面目に英作文をしようとすると、結構時間がかかるので、私の場合はInput Stage 1からOutput Stage1までを一日でやり、別の日にOutput Stage2を実施しました。
 実施した状況などはコチラもご参照ください。実際やってみると、Output Stage2では、前置詞が抜けてしまったり、時制が違ってしまっていたりとなかなか手強いのが分かります。
音声CDなどとあわせて何度も練習、練習しないと、間違った部分は部分は埋まらないと思うので復習も兼ねて2周、3周解くつもりです。

 ☆ section3 全ユニット修了テスト(解答後にスコア別のアドバイスあり)
  
 ふろく あればうれしい文型別動詞リスト 話せるための日英対応リスト
 別冊  解答


 Mr.Evineの中学英文法を修了するドリルのレビューでも書きましたが、毎日ドリルを終えると先生の一言があるんですが、励まされます。
「努力は誰にでも平等に与えられた能力です。安っぽく見られがちですが、これを存分に活用しようではありませんか。」....あああ、Evine先生(涙)、中学生の時に出会いたかったです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

プロフィール

nyororo

Author:nyororo
 2007年に思いがけず北米で数ヶ月滞在することになり、英語を使う機会が無かった私が必要に迫られ英語を使わざるを得ず学習に取り組みはじめました。
帰国後ゆるゆる、ダラダラとやっていた英語学習ですが、2010より学習日記を書くことにしました。

☆このブログを作るにあたって、最初のきっかけになったブログはこちらです。全然英語が出来ずに不甲斐ない気分でいる毎日が綴られています。亜米利加滞在日記
 どうぞ宜しくお願い致します。

現在学習中のテキスト類

今日の時事英語

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。