記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次はなにしよう

Grammar in use(以下GIU) ポモドーロ学習のおかげで1日1ユニットどころか、2ユニットずつ進んでいます。

夏から始めていたGIUですが、始めてから数ヶ月は「結構ツライ」という実感でした。(仕事が忙しかった都いうこともあるけれど、)なかなかユニットを進めることが出来ず、イライラすることもしばしば。1ユニットを終えるのに、2、3日かかったこともありました。時間が取れないという物理的な部分もあったでしょうが、単純に英文で文法の説明を受けることに慣れない、ということもあったかもしれません。


実は2006年に日本で発売されている「マーフィーのケンブリッジ英文法」を購入し40ユニット位までは解いたのですが、判型が「Grammar in use」よりも小さく、文字が大きい私にはスペースが小さすぎて書くことがストレスになってしまい、途中で辞めて英語版をを買い直したという経緯があります。
いまから「どっちをかうか迷っている」という方には、わたしは英語版をオススメしたいと思っています。
文字の大きさもそうですが、、それ以上に「英語の文章を読む」ことに強制的に取り組まなければならないのは(私のように読む力が弱いものにとっては)とても勉強になると思うからです。
不思議なもので、それなりに問題を解いているうちに慣れてくるのがわかります。ただ注意しなければならないのは、問題を消化することは理解していることとは違うので、どこかで何かの形で見直したり、時々文法のチェックを継続しなければいけないということ。面倒ではありますが、今後は文法で身につけたことを「口に出したり」「文にしたり」といステージが来るであろうから、そのあたりのイメージを持ちつつ、とにかく一冊終えることを目標としたいと思います。

自分はもともと英語は苦手で、学校では赤点も取ったし、文法構造もさっぱりよくわからなかったけれど、やってるうちにすこーしずつわかるようになってきたことも嬉しいです。

ビフォー、アフターっていえるほど大げさなものではありませんが、文法に力を入れて前となんか違うなーって思ったことがあります。
文章を読む時にちょっと奥行き感が出てきたんです。

前はあんまり文法の構造を考えずに読んでいて、単語をただ引いて「国語力」で「多分こういうことを言っている」という推測でやってた気がするんですが、もうちょっと内容が理解できるようになってきました。あと、Webのページや小説を「読んでみようかな」っていう気分になってきたことでしょうか。きっといまから多読に力をいれると楽しいような気がします。なんとなく。

2012年は「多読」に力をいれてみようかなあ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

プロフィール

nyororo

Author:nyororo
 2007年に思いがけず北米で数ヶ月滞在することになり、英語を使う機会が無かった私が必要に迫られ英語を使わざるを得ず学習に取り組みはじめました。
帰国後ゆるゆる、ダラダラとやっていた英語学習ですが、2010より学習日記を書くことにしました。

☆このブログを作るにあたって、最初のきっかけになったブログはこちらです。全然英語が出来ずに不甲斐ない気分でいる毎日が綴られています。亜米利加滞在日記
 どうぞ宜しくお願い致します。

現在学習中のテキスト類

今日の時事英語

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。