記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読む力をつける

(去年は試験当日に体調を崩してしまったりしたし、) 久々にTOEICを受けようかなーと思っているのです。わたしは田舎に住んでいるので、地元開催は5月です。ちょっこし問題集とかやってみようかしら。

英語の学習そのものは楽しくなってきたのだけれど、テストを受けるのは違う体力がいるような気がします。あんまりテスト対策的なことに終始したくはないけど、腰をいれて頑張った方がいいのかも。受験料も安くないしさ。 はじめてTOEICを受けた2008年以来、去年まであんまりリーディングの対策をしてきませんでした。

これまで数回受けたけど、文法がまるでなってないため、パート5が全然できない。あとパート7も途中で時間切れになる。2011年1月に受けたのなんて、リスニング355、リーディング195と、160点も差があるのです。文法、出来なさすぎ....

去年地震が起きて、海外でどんな報道がされてるのかな~、とか(原子力発電所への対応等について)日本は今後世界からどんな風に評価されるのかななんてことを思い、ニュース読めないとダメじゃん、ということを思うようになりました。夏からGrammar in useを始め、すこしずつ文法のコトについては整理されてきた気もします。(時間はかかったけど)
…とは言えテストとなると、瞬発力がないと全然ダメ。瞬間的に正解を見つけ答えるのがさっぱり出来ない。

最近は文法に対する苦手意識は減ってきましたが、「早さ」が全然伴っていないので時間を測って早く読めるようなりたい。
よっしゃー。トレーニングをするよーっ!!ストップウォッチと数取機でやってみます。



こちらのページを参考に多読を兼ねて、小泉八雲の「怪談」を読むことに。2月11日の計測では、1分あたり152wordから270wordになりました。
知っているお話なので速読できているのかちょっと謎ではあります。ストーリーを知っているのでそれが英語力なのか国語力なのかはわかりません…。
「怪談」は古典なので、iTunesでも音声が落ちています。

速読練習試合のあとに、音声を聞き(訳注を参照し)読みながら聞くことにしました。音声があると情景がはっきり浮かぶ。逆に文字をみるだけではあまり入ってこない…
情景が浮かぶのは速読練習で何回か読んだテキストのせいなのかもしれないけれど、やはりわたしは「聞く」ことに頼っているようだということがわかりました。

これは一層読むコトに力をいれないといけない…。
2011年は文法、2012年はリーディングの年で決まりです。急には力がつかないとは思うけれど、いつか来るブレークスルーを信じて頑張りたいです…。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

プロフィール

nyororo

Author:nyororo
 2007年に思いがけず北米で数ヶ月滞在することになり、英語を使う機会が無かった私が必要に迫られ英語を使わざるを得ず学習に取り組みはじめました。
帰国後ゆるゆる、ダラダラとやっていた英語学習ですが、2010より学習日記を書くことにしました。

☆このブログを作るにあたって、最初のきっかけになったブログはこちらです。全然英語が出来ずに不甲斐ない気分でいる毎日が綴られています。亜米利加滞在日記
 どうぞ宜しくお願い致します。

現在学習中のテキスト類

今日の時事英語

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。