記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多読はじめました



10日くらいまえから、寝る前などにオズの魔法使いを読んでいます。

Puffin classicsのシリーズを買ったのだけれど、持ち歩けないときのために、Kindle版、iBooks版のものをゲット!あとは、LingQにも音声があるので、そちらをiPhoneで持ち歩くことにしました。(LingQはしばらくお休みしていたのだけれど、再開しました。月10ドル。)

ほんとうは読むだけでもいいのだけれども、音声があったほうが楽しいので、音も一緒に聞きながら読んで(聴いて)います。分からない単語もあるけど。
LingQの音声なかなかイイですよ!専用アプリがあるので、そちらで再生しているのですが、俳優さんのしゃべり方や効果音が楽しくてついつい引き込まれてしまう感じです。

LingQでは分からない単語などもチェックして単語テストとしても使えるので、(読み終わったら)時間をみつけて復習したいと思います。



いまは5章くらいまで進みました。カカシとかブリキの木こりがでてきたあたり。


1月くらいから「多読やるど~!」と思っていたのですが、Twitterでの英語師匠のYukoさん(ヴァーチャル英語部や、The Glad Gameご紹介くださっています。)
Yukoさんとは、たまたまTwitterのつぶやきで見かけて以来のお付き合いなのですが、(お会いしたことはないものの)わたしはとても尊敬しています。

Twitter上の短い関わりではありますが、ブログなどを通して、熱心に取り組む姿勢や、チャレンジの心、モチベーションの高さなど、「うおおお、かっこええええ」と感じる部分もしばしば…。すっかり憧れの人となりました。
彼女のステキなところは、英語が苦手な人にも温かいキモチで接してくれるところ、楽しみながら目標をきちんとみつめ取り組んでいるところ。いろんなコツを惜しげもなく発信して下さるので、いつも「へー、こういうのがあるんだー!」と真似っこしてみたくなるんですよね~。

彼女と出会えなかったら、LingQも多読も真面目にやってみようかななんて思わなかったかもしれません。きっとそのうちPost crossingもやるような気がしています。ファンになりすぎて、Facebookでもフレンド申請しちゃったくらいです。


さて、そんなYukoさんから先日多読用の洋書を頂きました!やっほう!

わたしは決して読書家ではないけれど、いつか原書でバリバリ読めたらいいのになー、という密かな野望があったのですよ、実は。うむむ~バリバリとはいかないまでも、辞めさえしなければなんとか読めるようになるにちがいない!…ムフフ、待ってろよ、未来の自分(遠い目)。


お礼に花のスケッチを額装してお送りしました。
心の師匠に頑張る宣言したようなものなので、簡単には英語の学習がサボれなくなりそう。
Yukoさんありがとうございました~~。またぜひ洋書譲ってください!

コメント

素敵に紹介していただき、ありがとうございました!多読いいですよ~。GIUがもうすぐ終わられるようなので、並行して多読をすると、学んだことが定着しやすいと思います。多読で気楽に本を読んで、LingQで単語を覚えると、多読だけの時よりも英語力があがるスピードがUpするような気がしています。
 洋書は遠い道のりのようだけど、ぼちぼち読んでいればあっという間ですよ~。

スイッチをおしていただきました!

こちらこそですー。
Twitterで初めてお会いしたとき、「このひと…神!!!」って思いました。ほんとに。だって、朝も早くから、夜も遅くまで気がつけばなにか取り組んでおられる。なんて勤勉なひとなんだ!

それまでポヨーンとしてた私ですが、なんとなくやる気スイッチをポチっと押して頂いた気がしています。
すこしずつ読んでいきますぞー!

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

プロフィール

nyororo

Author:nyororo
 2007年に思いがけず北米で数ヶ月滞在することになり、英語を使う機会が無かった私が必要に迫られ英語を使わざるを得ず学習に取り組みはじめました。
帰国後ゆるゆる、ダラダラとやっていた英語学習ですが、2010より学習日記を書くことにしました。

☆このブログを作るにあたって、最初のきっかけになったブログはこちらです。全然英語が出来ずに不甲斐ない気分でいる毎日が綴られています。亜米利加滞在日記
 どうぞ宜しくお願い致します。

現在学習中のテキスト類

今日の時事英語

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。