記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供用の教科書を読む



 最近ダラダラ読み始めたのが「子供用のアメリカ史の副教材」です。
この本は2007年当初、スパルタ夫からお薦めされていた本だったのですが、リーディングから逃げて逃げて今迄来てやっと最近手に取ってみようかなーと思ったもの。

読んでみようと思った理由は

1 小学校4年生から6年生を対象としているので基本的に辞書なしで読めそうだと言うこと。
2 アメリカの歴史は短いので、ボリュームとしてツラくないんじゃないかという期待があること。
3 アメリカの地域についてあまりよく知らないので、これを機会に勉強してみようかと思ったこと。

の3点です。

私はあまり読むのが早くないので、のんびりリーディングになりそうですが、気長に楽しんでみたいと思います。
テキストの中身はこんな感じ。


図版やイラストが多いので、文字に圧倒されずに済みそうです。
ウフフ、楽しみ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

プロフィール

nyororo

Author:nyororo
 2007年に思いがけず北米で数ヶ月滞在することになり、英語を使う機会が無かった私が必要に迫られ英語を使わざるを得ず学習に取り組みはじめました。
帰国後ゆるゆる、ダラダラとやっていた英語学習ですが、2010より学習日記を書くことにしました。

☆このブログを作るにあたって、最初のきっかけになったブログはこちらです。全然英語が出来ずに不甲斐ない気分でいる毎日が綴られています。亜米利加滞在日記
 どうぞ宜しくお願い致します。

現在学習中のテキスト類

今日の時事英語

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。