スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オズの魔法使い、読了

LingQでやっていた「The Wonderful Wizard of Oz」が読み終わりました!

今日はですね、前にペーパーバックで読んだ時と明らかに違う点があったので、その事について書いてみようと思います!
 きょうはChapter 23. Glinda The Good Witch Grants Dorothy's Wish Chapter 24. Home Againの二つを読んだんですが、


なんと…。


泣きました…。
 感情移入しすぎて…


32476192248285_convert_20130514215951.jpg


普段のレッスンでは
最初に単語をやって、その後音声とあわせて本文を音読する、という流れでやっていたんですが、
涙のあまり音読が出来ない…。(笑)なんなの、なんなの?


何処がツボだったかというと、ドロシーのたびの仲間の3人の仲間、
かかし(Scarecrow)ブリキの木こり(Tin Woodman)、臆病なライオン(The Cowardly Lion)がそれぞれ得たいものを得て、かかしはオズの国を、ブリキの木こりはウィンキーの国を、ライオンは百獣の王として、それぞれthe ruler(統治者)として請われて行くんだけれど、もしもドロシーが居なかったら、かかしは畑の中で立ったままで、ブリキの木こりは錆びたままで、ライオンは臆病なままで居たんだよなあ…。
 オズ自体はペテン師でしかなかったので魔法を使えた訳ではなくて、ある意味この3人は自らの力で「賢さ」と、「優しさ」と「勇気」を手に入れたんだなあとか思ったら泣けた…。

ん〜もう。…まるで少年ジャンプじゃないか!!!チャレンジと成長の物語じゃないか! 努力、友情、勝利…ううう。

 ドロシーも、銀の靴のおかげでお家に帰れたし、いろいろ残念な出来事(オズがホントは魔法が使えないって分かったりしたときとか)もあったけど…ううう。良かったじゃないか、ハッピーエンドで・・・としんみり。

 前回本だけを読んだ時はこんなにしんみりしなかったし、泣いたりもしなかったのでちょっとビックリでした。

 私も実は旅の仲間で、「英語の本の読めないnyororo 」だったのですが、今回の1冊を通して「英語の本を楽しめそうなnyororo 」にちょっとだけ成長出来たような気がする…。
 基本的には音声込みでレッスンをしているので、単純な「読書」というのも違うけど、英語で物語を楽しむという点では新しい扉が開いて行くような感じがしました。あと今回の素材は結構音声も声優さんを使っていて情感豊かだったというのも大きかったような気がします。

 うおーっ!なんか次のお話を読むのが楽しみになってきたよー!
わくわく。


Comment

No title

読了おめでとうございます!!いいよね〜、音声つき素材(*´ェ`*)。
聞き取れる部分が増えるほど、景色がはっきり見えてきますね。
小さなブレイクスルーを体験したら後はどんどん道が開けてくると思うの。
頑張ろう〜。

  • 2013/05/14 (Tue) 22:32
  • yuko #.yO42t5Q
  • URL
  • 編集
Re: No title

 LingQを紹介していただいて(かな〜り放置していたけど)やっと楽しみがジワジワと感じられるようになりました!
 まだテキストを見ながらなのですが、そのうちオーディオだけで聞き取れるようになるんだろうな〜と思うとわくわくです!次の素材を探し中…何にしようかなー。

  • 2013/05/15 (Wed) 09:01
  • ぴこ(nyororo) #-
  • URL
  • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。