記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケッチ修行 in Sweden (番外編)英語学習のこれから

先週、スケッチ修行のためにスウェーデンへ行ってきました。

スケッチをしている様子の詳細はこちら。
その1 その2

 以前こちらの記事で水彩と英語の学習で頑張ってみたいことなどを書きました。


(英語に関して)
1 英会話を練習して海外のスケッチ旅行の時に会話に困らないようにする
2 絵画技法書などを洋書で普通に読めるようになる
3 (まだ持っていないけれど)自分のウェブサイトを作る際に「英語版」を用意できるようになる
4 毎日何らかの形で英語に触れる。自分から英語で発信出来る能力を身につける



 アメリカ生活からのの2007年以降、英語を通じる国に旅行するのは久しぶりです。
 スウェーデン自体は英語圏ではありませんが、殆どの住民が英語を話し理解できるので今回のスケッチ旅行は非常に良いトレーニングとなったと思います。
 
 アメリカ生活の4ヶ月の間、英語では非常に苦労しました。

 何を言っているかわからない。
 何を話せばいいか分からない。
 何が書かれているか読めない。
 自分で伝えたいことが書けない。

買い物は夫と一緒でなければ買えず、コミュニケーションも夫を介さなければ意志を伝えることができないというショボい状況にガッカリして始めた英語学習でしたが…。
 (田舎在住のため)身近で英語を話す機会も無く、6年経っても自分で話せているかどうかっていうチェックがイマイチできません。(そしてもともと海外旅行はあんまり行かない。)
 TOEICを受けるとか、洋書を読んだりとか、メールを書いてみたりとか、いろいろ自分の力を測る方法はあるんですけれど、

会話をして「通じたー!やったー!」っていう体験はやっぱり楽しい…。


 こんかいのスウェーデンの旅では、
聞き取れない、分からない、喋れないという場面が殆ど無かった!!うひょー
(たいした話をしてないし、スウェーデンのひとの英語が聞き取り易いっていうのがあるんだけど)

 買い物するのに夫が居ないと注文出来なかった頃とくらべるとスゴイ変化です!!
うれしい!!
(泣)


 前にできなかったけど今回できたこと…。
情けないくらいしょぼいことばっかりだけど過去の自分からすれば号泣ものだお…。

ひとりでカフェに行って注文ができた
葉書を買って切手貼って出せた
道を尋ねて場所を理解出来た
絵を褒められてもモジモジせずに自分のことを(ちょっとだけど)言えた
美術館のなかで「写真撮ってもいい?」って聞けた(まえは怖くて聞けなかった)
観光ガイド本は英語版で買って調べた


 ずっと「夫に任せっきりでいやだなー」って思ってたけどすこしずつ自分でできることが増えてる、って思う…。

 そして今回の旅では2007年のアメリカ滞在があんなに辛かった理由は、単に自分が英語を喋れなかっただけじゃないか、ってことも分かった。

 普通に会話ができてれば、一人で近所の美術館にも平日に行けただろうし、ポットラックのパーティーで日本料理のレシピを聞かれたときにも作り方も教えられただろうし、町でスケッチしてたときだって、もっと自分をアピール出来ていたと思う…。いや、いまからそれを言えるようになればいいんだ。うん。

 スウェーデン行っていろいろ思ったけど、みんなが普通に英語喋れる、っていいな、って思った。意思疎通ができるもん。「英語学習」っていうと肩にチカラが入ってた気がするけど、普通にちゃんと長くやってれば何とかなるような気がする…。

9月になったのでまた仕切り直し。またコツコツがんばるぞ…。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

プロフィール

nyororo

Author:nyororo
 2007年に思いがけず北米で数ヶ月滞在することになり、英語を使う機会が無かった私が必要に迫られ英語を使わざるを得ず学習に取り組みはじめました。
帰国後ゆるゆる、ダラダラとやっていた英語学習ですが、2010より学習日記を書くことにしました。

☆このブログを作るにあたって、最初のきっかけになったブログはこちらです。全然英語が出来ずに不甲斐ない気分でいる毎日が綴られています。亜米利加滞在日記
 どうぞ宜しくお願い致します。

現在学習中のテキスト類

今日の時事英語

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。