記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#英語でオタ活 ドラマLaw and Order 犯罪捜査や裁判の用語を学ぶ

先日、Amazon primeで Law and Order本家のシーズン10を見られることを知って、#英語でオタ活 始めた。
Law and Orderじたいはかれこれずいぶん長いこと見ていて、Law and Orderも、Special Victims Unitも、Criminal Intentだいたい視聴している。

 本ドラマは20シーズンも制作されたロングランドラマとして有名である。
単なる犯罪捜査ドラマではなく、被疑者を捕まえた後の起訴、裁判と判決までを描いており、事件の内容によっては簡単に裁くことのできない複雑な人間模様が描かれていたりして大変に魅力的なドラマシリーズだ。

 以前は「とにかくお話が面白くて」見ていたのだが、最近は英語学習に絡めて、ふと、アメリカの司法制度知ってたらもっと面白いかも…と思うようになった。
 
 初心者にわかりやすそうな資料を探してたらアメリカンセンターというところの司法制度に関するPDFをみつけた。米国司法制度の概説っていうものだけれど、難しい部分はあるけれど、ザザーッと読んで見たけれど、書籍一冊買うよりもよいかもしれない。
 私は1視聴者に過ぎないので司法の詳細については知らなくてもいいが、三審制度であるということ、州裁判所と連邦裁判所があり、植民地時代の頃の伝統を残したものであるということ、司法取引という制度があること、などなど興味深いところが描かれていたのでメモをとったりして読み進めている。

おおよその裁判の手順などをメモしているところ。




 テレビ視聴のために犯罪用語を知りたいと思い、こんな本も買ってみた。Kindle版を書籍版の両方を買ったので到着が楽しみである。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

プロフィール

nyororo

Author:nyororo
 2007年に思いがけず北米で数ヶ月滞在することになり、英語を使う機会が無かった私が必要に迫られ英語を使わざるを得ず学習に取り組みはじめました。
帰国後ゆるゆる、ダラダラとやっていた英語学習ですが、2010より学習日記を書くことにしました。

☆このブログを作るにあたって、最初のきっかけになったブログはこちらです。全然英語が出来ずに不甲斐ない気分でいる毎日が綴られています。亜米利加滞在日記
 どうぞ宜しくお願い致します。

現在学習中のテキスト類

今日の時事英語

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。