記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信講座をやってみる

ここに詳しく書くのは初めてだが、去年の11月はじめからアルクから出ている「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」という通信講座を始めた。

別段TOEICで何百点というタスクをかせられているわけではないので(だって自宅で内職する専業主婦だもの)最初受講するかどうかを悩んだんだけれど「文法が弱いと喋るにも書くにも絶対困る」という事実は延々と私の前には横たわっいたので(かなり渋々)やる事に決めた。

文法に関してはずっと「わかんね~~」の一本で、文法といえば「辛い」「めんどくさい」「わからない」の三位一体だった。そのような先入観もあり、文法系問題集を家で一人でやっていても絶対くじけてしまうというのがハッキリしていた。これは購入した英文法系問題集を全部やり切ったことが無いしことからも言える(全然威張れないんだけど…)。

この講座は「1週間」のスパンで1日めから5日めまでのタスクにバリエーションがあるので、飽きずに続けられるのがよい。また、音読するタスクも程よい量で課せられるので、練習の中身にはメリハリがある。

☆1ヶ月に1冊、4ヶ月の講座
☆ 月4週、1週ごとにテーマがある。
週に5つのユニットで、1時間弱の内容。

1ユニットめ「語順の基礎1」基礎的な文法項目の確認と演習
2ユニットめ「語順の基礎2」基礎的な文法項目の確認と演習
3ユニットめ「場所」場所や時を表す前置詞などの確認と演習
4ユニットめ「会話」数人の人物の会話を聞き、ディクテーション、問題演習
5ユニットめ「Weekend TOEIC」

☆各ユニットは4ページで構成されていて、流れてきた音声を聞き取りディクテーションをしたり、文法項目を元に、並べ替えをしたり、スキットに出てきた単語チャンツを練習したりする。

好き好きはあるが、毎日やるには負担になりすぎない程度の絶妙な量だと思う。さすがアルク。

IMG_2049.jpg


とりあえずきょうで半分のユニットがおわった。
さっき、リーディングのミニテストをやってみたら、先月末よりも、読むのが早くなっていた。
TOEICでパート7を時間内に終わるためには、1分間に150 wpmの速さが必要なんだそうだが、前回やった時は前回は1分間に54.8wpm、今回のテストでは1分間に100.8wpmだった。
読む速さほぼ2倍になったってこと?おおっ。こりゃ嬉しいや。 真面目にやれば効果はありそう。

…が、実際の月末のTOEICでの結果はどうなるんだろう。ドキドキ…。まあこればっかりは、当日の気分とか体調もあるから、なんともいえないけども。
それより何より年末から引いている風邪が全然治らないのでなんとかせにゃ。(言い訳)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

プロフィール

nyororo

Author:nyororo
 2007年に思いがけず北米で数ヶ月滞在することになり、英語を使う機会が無かった私が必要に迫られ英語を使わざるを得ず学習に取り組みはじめました。
帰国後ゆるゆる、ダラダラとやっていた英語学習ですが、2010より学習日記を書くことにしました。

☆このブログを作るにあたって、最初のきっかけになったブログはこちらです。全然英語が出来ずに不甲斐ない気分でいる毎日が綴られています。亜米利加滞在日記
 どうぞ宜しくお願い致します。

現在学習中のテキスト類

今日の時事英語

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。